2017.10.28 23:15

PSGのルーカスは来夏の退団が既定路線か…ムバッペら大型補強で出場機会が激減

PSGのルーカスは来夏の退団が既定路線か…ムバッペら大型補強で出場機会が激減

 フランス大手メディア『レキップ』が報じたところによると、パリサンジェルマンのブラジル代表MFルーカスは、今シーズン限りでの退団が有力となっているようだ。

 12-13シーズンの冬の移籍市場でパリSGに加わったルーカスは、パリで6シーズン目に突入。しかし、今夏の移籍市場ではネイマール、キリアン・ムバッペが加わり、ウイングのポジション争いが激化した。その影響もあり、ポルトガル代表MFゴンサロ・ゲデスは期限付きでバレンシアに移籍している。

 ルーカスはネイマールやダニエウ・アウベス、チアゴ・シウヴァなど、同胞との良好な関係を築いており、結果としてパリSGへの残留を決意した。しかし、ここまでリーグ戦で3試合に出場したのみで、出場機会には恵まれていない状況だ。

 パリSGとルーカスの契約は2019年6月までとなっているが、ウナイ・エメリ監督から信頼されておらず、移籍希望の意向をクラブに申し入れているという。また、クラブ側も2018年夏の移籍を容認しているという。

 今夏、ネイマールやムバッペなど大物選手を次々に獲得し、移籍市場で旋風を巻き起こしたパリSG。リーグ・アンでの覇権奪回向けて大型補強をした一方で、ルーカスなど古株が煽りを受ける形になっているようだ。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. フランス
  4. PSGのルーカスは来夏の退団が既定路線か…ムバッペら大型補強で出場機会が激減