2017.10.25 10:54

武藤、接戦制してひと安心「自分自身も取りたかった」

武藤、接戦制してひと安心「自分自身も取りたかった」

特集:
武藤嘉紀

 サッカーのドイツ・カップは24日、各地で2回戦が行われ、ドルトムントの香川真司は3部のマクデブルクとの一戦にフル出場し、1得点1アシストで5-0の快勝に貢献した。武藤嘉紀のマインツは2部のキールを延長の末に3-2で振り切った。武藤は1-1の後半20分から出場した。

 マインツの武藤は延長にもつれ込んだ苦しい一戦を制し「とにかく勝てて良かった」とひと安心。これまでもチームは格下に苦しむことが多く、武藤にとってはドイツ3年目で初の3回戦進出となった。

 1-1の後半20分から登場し、前線で体を張って攻撃にリズムをもたらした。勝ち越し点となるFKを獲得するなど勝利に貢献したが「点に絡めたのはよかったけど、自分自身も取りたかった」と、満足はしていなかった。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 武藤、接戦制してひと安心「自分自身も取りたかった」