2017.10.23 20:11

酒井高、大一番で軒並みチーム最高タイ評価!地元紙は“ロッベン・スタイル”のカットインを評価

酒井高、大一番で軒並みチーム最高タイ評価!地元紙は“ロッベン・スタイル”のカットインを評価

特集:
酒井高徳
酒井高、大一番で軒並みチーム最高タイ評価!地元紙は“ロッベン・スタイル”のカットインを評価

酒井高、大一番で軒並みチーム最高タイ評価!地元紙は“ロッベン・スタイル”のカットインを評価【拡大】

 ハンブルガーSV(HSV)は21日に行われたブンデスリーガ第9節Bミュンヘン戦を0-1と惜敗した。ドイツ紙『キッカー』と『ビルト』は、この試合で日本代表DF酒井高徳が見せたプレーにチーム最高タイの点数をつけている。

 王者との一戦で、マルクス・ギスドル監督は、酒井を左SBではなくボランチで起用した。指揮官は『ビルト』に対し、「ゴーは守備的MFでいつも選択肢に入る選手。彼のように90分間働き、素晴らしいコンディションを保てるプレーヤーは常に助けとなる」と語り、信頼関係を強調している。

 『ビルト』は、この試合での酒井のパフォーマンスをチーム最高の「3」と評価。走行距離(12.2キロメートル)やスプリント(73本)、ボールタッチ(44本)でそれぞれチーム最高の数値を記録したことを指摘しながら「お手本となるキャプテン」と評している。

 また『キッカー』も、日本代表DFにチーム最高タイとなる「2.5」をつけた。この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたバイエルンMFキングスレー・コマン(「2」)に次ぐ高評価を得ている。

 採点をつけていない地元紙『ハンブルガー・アーベントブラット』は、酒井のプレーについて「オランダ人選手のように右からペナルティーエリアに切り込んだ。“ロッベン・スタイル”でチャンスを作った」と、54分にチャンスに絡んだ場面に言及。失点を喫した直後に見せた攻撃を「力強い!」と評した。

 また、同紙はこの試合で76分から途中出場を果たしたFW伊藤達哉について、「終盤の攻撃の起点となった」と評価。「ゴールにつながらなかったが、スタンディングオベーションが贈られた」と本拠地でのその人気ぶりに触れている。

 (※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 酒井高、大一番で軒並みチーム最高タイ評価!地元紙は“ロッベン・スタイル”のカットインを評価