2017.10.20 19:32(1/3ページ)

浦和・槙野、ハリル監督に「散々叩かれています」 要求された3カ条守りアジアの舞台で躍動/ACL

浦和・槙野、ハリル監督に「散々叩かれています」 要求された3カ条守りアジアの舞台で躍動/ACL

特集:
ハリルJAPAN
浦和・槙野、ハリル監督に「散々叩かれています」 要求された3カ条守りアジアの舞台で躍動/ACL

浦和・槙野、ハリル監督に「散々叩かれています」 要求された3カ条守りアジアの舞台で躍動/ACL【拡大】

 まさに会心の勝利だった。上海上港(中国)が誇る破壊力満点の攻撃陣を完封し、浦和レッズがアジアの頂点に王手をかけた。左サイドバックに入ったDF槙野智章は、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の教えを糧に上海上港のブラジル代表FWフッキを抑え込むことに成功。チームをアジアの頂点に近づけるとともに、自身もロシア行きの切符をグッと引き寄せる活躍を披露した。

 ハリルの教え--。槙野を選手として大きく成長させたのは、まさしく彼の厳しい要求だった。

 ■ハリルが槙野に求めた3カ条とは?

 ハリルホジッチ監督を始めとする日本代表のスタッフから、槙野の下にはプレーの分析映像集が定期的に送られてくる。中身は所属する浦和レッズにおけるパフォーマンス。その内容に関して、槙野本人は「散々叩かれています」と苦笑いしながら明かしてくれた。

 「代表合宿のたびに『これがダメ』とか『このように直せ』と言われていて。30歳なのに褒められない立場ではあるけど、そうして怒られることが、僕のことを成長させたいという(監督の)気持ちが、僕自身を『変わらなきゃいけない』という気持ちにさせてくれる」

 ハリルホジッチ監督が就任した直後の2015年5月。国内組だけを集めて千葉県内で行われた日本代表候補合宿でも、槙野は真っ先に標的にされていた。

 「槙野に何を言うかはもう考えてある。彼のための映像も、20日前から用意してある」

 こう宣言していた指揮官は、合宿初日の夕食前に槙野と個人面談を実施。独自に編集したプレーの映像を見せながら、実に20項目ものプレーに対してダメ出しを連発した。

 その中でセンターバックとしても、サイドバックとしても、絶対に順守しなければいけない3カ条を徹底された。それは自陣において「相手に前を向かせない」「相手をゴールから遠ざける」「不要なファウルは犯さない」という要求だった。

 迎えた18日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦、左サイドバックとして先発フル出場した槙野は、フッキと対峙。屈強なボディを誇るアタッカーとの壮絶な肉弾戦に真正面から挑み、3カ条をほぼ完遂した上で完勝した。

 例えば17分。挨拶代わりとばかりに、フッキに激しいチャージを食らわせながらボールを跳ね返した。ペナルティエリア付近で前を向かせずにボールを下げさせた66分のプレーに対しては、平日の夜にも関わらず4万4357人が駆けつけた埼玉スタジアムに「槙野コール」が響き渡った。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 浦和・槙野、ハリル監督に「散々叩かれています」 要求された3カ条守りアジアの舞台で躍動/ACL