2017.10.17 19:37(1/4ページ)

メッシがアルゼンチン代表でも真のヒーローとなる日…最高のフィナーレに向かって

メッシがアルゼンチン代表でも真のヒーローとなる日…最高のフィナーレに向かって

メッシがアルゼンチン代表でも真のヒーローとなる日…最高のフィナーレに向かって

メッシがアルゼンチン代表でも真のヒーローとなる日…最高のフィナーレに向かって【拡大】

 夢はまだ続いている。

 アルゼンチン代表のベテランとなったリオネル・メッシは、2005年にFCバルセロナのフォワードとして世界の舞台にデビューして以来、多くの悲しみ、フラストレーション、そして何度ももう一歩のところで涙をのんできた。しかし10日の夜、またしても壮大な彼のショーを見た後では、我々はまだメッシにふさわしいフィナーレを堪能しつづけることが出来そうだ。

 ■メッシにかかる“いきすぎた”重圧

 メッシは2005年、アルゼンチンをU20ワールドカップ優勝へ導き、2008年には、U23チームに北京オリンピックの金メダルをもたらした。しかしながら、フル代表では、メジャー大会に7度出場しながら、4度決勝で涙を飲んでいる。A代表での優勝にはいまだ手が届いていないままだ。

 セルヒオ・アグエロやアンヘル・ディ・マリアといった代表歴の長い選手たちは、しばらく前から自分たちの世代が大きなタイトルを勝ち取れないままに終わるなどということはあり得ないと主張している。しかし10日、アルゼンチン代表は、それよりもさらに屈辱的な結果--ワールドカップ出場自体を逃す可能性すらあったのだ。

 5日のロシア・ワールドカップ南米予選でペルー相手にホームでスコアレスドローを演じ、国民を失望させたアルゼンチン代表は、南米予選で6位に転落。W杯へ出場するには、最終節の高地キトで行われるエクアドル戦で勝利し突破を決めるか、少なくともニュージーランド代表との大陸間プレーオフに回るしかなくなっていた。

 確かに以前から良くない兆候はあった。2017年に入ってから、アルゼンチン代表はワールドカップ予選でたった2ゴールしか挙げられていなかったためだ。チリ戦でメッシがPKで挙げた1点と、ベネズエラ戦でのオウンゴールによる1点のみ。南米予選の全10チームのうち、アルゼンチンより得点数が少ないのはボリビアだけだった。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 海外代表
  4. メッシがアルゼンチン代表でも真のヒーローとなる日…最高のフィナーレに向かって