2017.10.16 09:46

“ミラノダービー”フル出場のDF長友は平均以下の評価「ボールロストが多すぎる」

“ミラノダービー”フル出場のDF長友は平均以下の評価「ボールロストが多すぎる」

特集:
長友佑都
“ミラノダービー”フル出場のDF長友は平均以下の評価「ボールロストが多すぎる」

“ミラノダービー”フル出場のDF長友は平均以下の評価「ボールロストが多すぎる」【拡大】

 イタリア・セリエAは15日に第8節が行われ、長友佑都所属のインテルミラノは、ACミランとのダービーマッチを3-2で制した。『EUROSPORT』は、フル出場を果たした長友に平均以下の評価をつけてる。

 インテルミラノのホーム扱いで行われた今季初の“ミラノダービー”は、28分にインテルミラノがFWマウロ・イカルディのゴールで先制する。その後56分にFWスソが1点を返し、ACミランが同点に追いつくも、再びイカルディのゴールでインテルミラノが勝ち越す。しかし、インテルミラノは81分にオウンゴールを許し、試合はまたも同点となる。

 それでも終了間際の90分、獲得したPKをイカルディが決めて勝負あり。エースのトリプレッタ(3得点)で、激闘のダービーマッチをインテルミラノが制した。

 代表戦から戻ってきたばかりの長友だが、この日は先発フル出場を果たした。しかし、『EUROSPORT』は「少し混乱していた。(対峙したファビオ・)ボリーニのほうが優れていた。目立つことはなかったし、25回のボールロストは多すぎる」とのコメントとともに、「5.5」と平均以下の評価をつけた。一方で対峙したボリーニは「7」と、ACミランの選手としては最高の評価を得ている。

 なお全体を通じての最高評価は、3ゴールを奪ったイカルディで「9」となっている。また、インテルミラノのルチアーノ・スパレッティ監督には「7」、ACミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は「5」と辛口の評価となっている。(Goal.com)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. “ミラノダービー”フル出場のDF長友は平均以下の評価「ボールロストが多すぎる」