2017.10.12 15:15(1/5ページ)

清水・枝村が語る静岡ダービー…試合のポイントとキーマンとは

清水・枝村が語る静岡ダービー…試合のポイントとキーマンとは

清水・枝村が語る静岡ダービー…試合のポイントとキーマンとは

清水・枝村が語る静岡ダービー…試合のポイントとキーマンとは【拡大】

 J2降格圏までの勝ち点差はわずか2。清水エスパルスにとって残りの6試合は、どれも死力を尽くして戦うべきものになるに違いない。そして次節、ホーム・IAIスタジアム日本平で迎え撃つのは宿敵・ジュビロ磐田。勝利を収めれば、必然的にチームは勢いづく。静岡ダービーは清水のその後の戦いを左右する重要な一戦になるだろう。

 現在のチームの中で誰よりも静岡ダービーを知る男、枝村匠馬。アカデミーからトップチームへと進み、何度も静岡ダービーを経験してきた。プロ1年目、2005年10月22日の磐田戦でプロ初先発を飾ると、そのままレギュラーの座を獲得。翌06年は第16節のダービー初得点から4試合連続ゴールなどシーズン通算9得点を挙げて、自身のプレースタイルを確立した。枝村にとっての静岡ダービーはプロとしての分岐点といえる。

 「絶対に勝たなければいけない」--。10月14日の決戦に向けて静かに闘志を燃やす男が、静岡ダービーとJ1残留への想いを語った。

 --静岡ダービーの記憶はいつ頃からありますか?

 枝村 小さい頃からダービーは観ていました。1994年のリーグ初のダービーは延長戦でトニーニョがゴールを取ったんですよね。その試合はテレビで観ていました。そこからは、ほとんど見ていると思います。

 --アカデミー時代にも静岡ダービーはあったと思います。その印象はどうでしたか?

 枝村 その頃は頻繁に練習試合などでジュビロと対戦していたので、「たくさん試合をやったな」という程度の記憶ですね。もちろん対抗意識みたいなものは持っていて、「負けてはいけない」とは思っていましたが、プロほどシビアな世界ではなかったのかなと。

 --ダービーの中で一番印象に残っている試合は?

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 清水・枝村が語る静岡ダービー…試合のポイントとキーマンとは