2017.10.10 16:21(1/2ページ)

【サッカーコラム】記者が日本代表入りを期待するのは鹿島FW金崎 試合をコントロールできる家長と18歳のドリブラー安部も楽しみ

【サッカーコラム】

記者が日本代表入りを期待するのは鹿島FW金崎 試合をコントロールできる家長と18歳のドリブラー安部も楽しみ

特集:
No Ball, No Life
幼いころにフットサルの経験があり、足下の技術が高い金崎

幼いころにフットサルの経験があり、足下の技術が高い金崎【拡大】

 【No Ball,No Life】10日、日本代表は国際親善試合、ハイチ戦(日産)に臨む。ニュージーランド戦(6日)や来月の欧州遠征など来年のW杯ロシア大会までの9カ月間に行われる試合すべてが、選手たちにとって試金石となる。

 バヒド・ハリルホジッチ監督(65)はハイチ戦で経験の少ない選手を試す考えを示しているが、欧州遠征でも今回と異なるメンバーを招集する意向を持っているようだ。

 ファン、サポーターも「●●を呼んでほしい」とお気に入りの選手のメンバー入りを願っている人も多いだろうが、記者が代表入りを期待するのがJ1鹿島FW金崎夢生(28)だ。昨年8月の湘南戦で交代を不服に思い、ベンチで石井正忠監督(当時)の握手を拒否。造反騒動を起こした。ハリルホジッチ監督は「彼の態度は受け入れがたい」と事実上の無期限の追放を言い渡し、以来、招へいが見送られてきた。

 金崎は問題直後に石井監督に謝罪。鹿島のエースとして昨年のJリーグ優勝に貢献し、今季も首位を走るチームを牽引(けんいん)している。ハリルホジッチ監督も「ゴールへ向かう姿勢がいい」と評価はしており、ここ最近の代表戦ではバックアップメンバーとしてリストに名前が入ってくるようになっている。

 海外の選手が嫌がる裏への抜けだしや大柄なDFを背負ってのポストプレーもできる。幼い頃からフットサルをやってきていたこともあり、足下の技術もある。湘南戦では間違った方向に出てしまったが、負けん気の強さ、勝利への執着心、闘争心をむきだしにする金崎の性格はほかの日本選手にはないものであり、ハリルホジッチ監督が必要としているもの。規律を重んじる指揮官だけに、これまではJリーグで“執行猶予”として様子をみてきたが、その猶予もまもなく終了してくれる、と個人的には期待をしている。

【続きを読む】

  • 試合をコントロールできる家長(中央)
  • 鹿島・安部(右)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【サッカーコラム】記者が日本代表入りを期待するのは鹿島FW金崎 試合をコントロールできる家長と18歳のドリブラー安部も楽しみ