2017.10.7 05:05(3/4ページ)

W杯メンバー当確いただき!“新戦力”倉田が出場5分で代表初ゴール

W杯メンバー当確いただき!“新戦力”倉田が出場5分で代表初ゴール

後半、ゴールを決める倉田秋(7)=豊田スタジアム(撮影・甘利慈)

後半、ゴールを決める倉田秋(7)=豊田スタジアム(撮影・甘利慈)【拡大】

 個人にとっても縁起のいい一発だ。過去4度(日韓大会を除く)のアジア最終予選で、W杯出場決定から初めて迎える強化試合でゴールを決めた選手は、9人全員が本大会のメンバー入りを果たしている。「自分にもW杯の可能性はある。その舞台に立ちたい。負けてられへん」。夢が、手の届くところまできている。倉田のゴール時に派手なガッツポーズをみせたハリルホジッチ監督も「先制後、おかしなことに主導権を渡してしまったが、素晴らしいプレーから2点目が生まれた」とご満悦だ。

 W杯出場がかかった8月はメンバー落ち。豪州戦は自宅でテレビ観戦し、同僚MF井手口のブレークを目の当たりにした。「(井手口)陽介が決めてうれしかったけど、負けたくない気持ちも強くなった」。秋と書いて「しゅう」と呼ぶ名前のとおり、この夜の一撃を実りの秋につなげる。 (大石豊佳)

【続きを読む】

  • 大事なアピールの場で代表初ゴールを決めた倉田。腕には雨に濡れた芝がへばりついた(撮影・中井誠)
  • ダイビングヘッドで決勝ゴールを決めた倉田。11月生まれの男がその名の通り“秋”に輝いた
  • 後半42分、倉田の決勝弾
  • 倉田秋・ロシアW杯アジア最終予選成績
  • 後半、競り合う、川島(中央)。左は槙野=豊田スタジアム(撮影・中井誠)
  • 後半、指示を出すハリルホジッチ監督手前は乾=豊田スタジアム(撮影・中井誠)
  • 後半、攻め込む乾=豊田スタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、チャンスをいかせず悔しがる武藤=豊田スタジアム(撮影・甘利慈)
  • 前半、競り合う日本代表・大迫=豊田スタジアム(撮影・甘利慈)
  • 前半、競り合う日本代表・長友=豊田スタジアム(撮影・甘利慈)
  • 前半、パスをつなぐ久保裕也=豊田スタジアム(撮影・甘利慈)
  • 前半、シュートを放つ大迫勇也=豊田スタジアム(撮影・甘利慈)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. W杯メンバー当確いただき!“新戦力”倉田が出場5分で代表初ゴール