2017.10.7 10:00(3/3ページ)

ベガルタ・渡辺監督、『4つの誓い』で「歴史を作る」/ルヴァン杯

ベガルタ・渡辺監督、『4つの誓い』で「歴史を作る」/ルヴァン杯

特集:
GO!ベガルタ仙台
「心の底からチームのタイトルがほしい」と意気込む西村(左)(撮影・井上幸治)

「心の底からチームのタイトルがほしい」と意気込む西村(左)(撮影・井上幸治)【拡大】

 準決勝第1戦の4日のホーム戦に3-2で競り勝った。3-0から2失点したが「勝っている事実が一番。それをアドバンテージにして乗り込む。最終的に180分で勝ち上がることを考えたい」と言い切った。

 第1戦はリーグ浦和戦から中2日で、第2戦も中3日と厳しい日程が続く。選手の疲労や故障もあるが「大一番。死闘になるのは覚悟している。『俺がやってやるぞ』とファイティングポーズを取ってくれる18人で等々力へ乗り込みたい」。指揮官以下、全員が全身全霊をかけて挑む。

 「(準決勝を)しっかりものにするかどうかで、見られる景色も変わる。決勝進出を決めて、新しいベガルタの歴史を作れるよう頑張りたい」

 偉業まで残り2試合。まずは眼前の敵、川崎を退け、王手をかける。 (井上幸治)

渡辺 晋(わたなべ・すすむ)

 1973(昭和48)年10月10日生まれ、43歳。東京都出身。桐蔭学園高-駒大を経て96年に当時JFLの札幌入団。翌97年から甲府に4年在籍(97-98年JFL、99-2000年J2)。01年にベガルタへ移籍し4年間在籍(01-04年)。DFとしてJ1通算15試合出場0得点、J2通算111試合出場8得点。引退後はベガルタで巡回コーチ(05-06年)、アカデミーコーチ(07年)、トップチームコーチ(08-13年)。14年のシーズン途中、ヘッドコーチから監督に昇格。

  • 44歳の誕生日を前に、三田(左)と野津田(右)から祝福を受ける渡辺監督
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. ベガルタ・渡辺監督、『4つの誓い』で「歴史を作る」/ルヴァン杯