2017.10.6 20:34(1/2ページ)

ベルルスコーニ氏「モンテッラ監督は気に入らない。もっと中央から攻撃を」ミランの補強にも不満

ベルルスコーニ氏「モンテッラ監督は気に入らない。もっと中央から攻撃を」ミランの補強にも不満

ベルルスコーニ氏「モンテッラ監督は気に入らない。もっと中央から攻撃を」ミランの補強にも不満

ベルルスコーニ氏「モンテッラ監督は気に入らない。もっと中央から攻撃を」ミランの補強にも不満【拡大】

 ACミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ前会長が5日、イタリア紙『コリエレ・デラ・セーラ』のインタビューに応じ、現体制の運営方針を批判した。

 ベルルスコーニ前会長は1986年2月、ACミランを買収しオーナーとなった。今年4月に中国グループにACミランを売却するまで、31年間にわたりベルルスコーニ体制を維持、イタリア国内、ヨーロッパ、世界タイトルを合わせて29個獲得してきた。またアッリゴ・サッキ氏やファビオ・カペッロ氏を監督に迎えたことで現代サッカーの発展に寄与したほか、歯に衣着せぬ発言でメディアを賑わせた名物会長として知られた。

 ■今も変わらないACミランへの情熱

 ベルルスコーニ前会長はすでに経営陣から退いているものの、在職時と変わらず、ACミランについての持論を力説している。

 「(ACミランは)私の心、そして人生の一部だ。最低でもチームが上手くいってほしいと思っている。これが心残りだ。(今夏の)補強は理解できない。あれだけ資金を使って、トッププレーヤーを1人も獲得できなかったのか」と述べ、今夏の移籍市場において12選手を獲得した現体制の経営方針を批判し、高額のトッププレーヤーを1名でも獲るべきだったと指摘した。

 ベルルスコーニ前会長はトップ下を置くシステムを好んでおり、在職時は指揮官のヴィンチェンツォ・モンテッラと議論になったとも報じられた。現在もその考えは変わらないようだ。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. ベルルスコーニ氏「モンテッラ監督は気に入らない。もっと中央から攻撃を」ミランの補強にも不満