2017.10.4 10:00

【ベガルタ・渡辺監督の名調子】やってやろうという思いが充満

【ベガルタ・渡辺監督の名調子】

やってやろうという思いが充満

特集:
GO!ベガルタ仙台

 ベガルタ仙台は4日、ホームで行われるルヴァン杯準決勝第1戦で川崎と対戦する(19時、ユアスタ)。チームは3日、仙台市泉区の紫山サッカー場で約1時間半の最終調整を行った。

 --いよいよ第1戦

 「この先にあるものをつかみ取りたいし、そのためにはまず目の前の試合で勝利を収めて次に行きたい」

 --浦和戦から中2日。選手たちは

 「気持ちが切り替わって悔しさをエネルギーに変えてぶつけようという思いが伝わってきた。やってやろうという思いが充満している」

 --川崎について

 「タレントもたくさんいるし、長く前監督が築き上げてきたスタイルも確立されていて手ごわい。いかにわれわれが隙を与えず、(相手の)隙をいかにつけるか」

 --ジャーメインが練習参加

 「18人のメンバーに入れる。岳(野津田)が出られないし、けが人も増えているし、ボリュームの部分で確保したいと打診をしていた」

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【ベガルタ・渡辺監督の名調子】やってやろうという思いが充満