2017.10.4 15:17

「クロップならバイエルンでもうまくいく」元ドイツ代表DF、人間関係の形成に注目

「クロップならバイエルンでもうまくいく」元ドイツ代表DF、人間関係の形成に注目

「クロップならバイエルンでもうまくいく」元ドイツ代表DF、人間関係の形成に注目

「クロップならバイエルンでもうまくいく」元ドイツ代表DF、人間関係の形成に注目【拡大】

 元ドイツ代表DFクリストフ・メッツェルダー氏は、リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、Bミュンヘンの新監督に就任する準備ができていると語った。

 バイエルンは先日、カルロ・アンチェロッティ監督を解任。後任候補にはトーマス・トゥヘルやユリアン・ナーゲルマンといったドイツ人監督が候補に挙げられている。一部では、バイエルン首脳陣がすでにジョゼップ・グアルディオラにアドバイスを求め、トゥヘルが濃厚とも伝えられた。

 しかし、メッツェルダー氏はドイツ『スカイ』でクロップがブンデスリーガに戻ってくる可能性を主張している。

 「クロップは優秀な監督の一人で、複雑なパワーバランスの人間関係であっても上手くやることができるだろう。ナーゲルスマンは並外れた監督だが、バイエルンとホッフェンハイムは異なる。その観点で、クロップは準備ができていると思うね」

 外様監督にとってOBが首脳陣を固めるバイエルンは、働きにくい環境とされることも近年少なくない。その点で、人間関係の形成に長けたクロップは悪くない選択肢なのかもしれない。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 「クロップならバイエルンでもうまくいく」元ドイツ代表DF、人間関係の形成に注目