2017.10.3 12:01(1/3ページ)

なぜヘタフェは柴崎を獲得したのか? SDが明かす交渉の裏側と期待

なぜヘタフェは柴崎を獲得したのか? SDが明かす交渉の裏側と期待

特集:
柴崎岳
なぜヘタフェは柴崎を獲得したのか? SDが明かす交渉の裏側と期待

なぜヘタフェは柴崎を獲得したのか? SDが明かす交渉の裏側と期待【拡大】

 昨年末、柴崎岳はFIFAクラブ・ワールドカップで“衝撃の世界デビュー”を果たした。Rマドリードに2発をお見舞いしたことで、スペインメディアは一斉に「Gaku Shibasakiは何者だ?」といった趣旨の報道合戦を繰り広げた。

 だが、その後一年もしないうちにリーガ・エスパニョーラで躍動することを、果たしてどれだけの人が予想しただろうか?

 9月16日に行われたバルセロナ戦で左足を痛めて負傷離脱してしまったものの、同じ試合では左足から鮮やかなボレーシュートを叩き込み、観衆の心をわしづかみにした。ケガに見舞われてしまったからといって、「柴崎岳、ここにあり」と自らの足で宣言してみせた事実は変わらない。

 ここで話を戻すと、気になるのは「柴崎の活躍をここまで予見できた者がいたのか?」ということだ。それはつまり、ヘタフェがどれほどの期待を持って柴崎の獲得に至ったのか、という疑問につながってくる。

 この問いをぶつけるべく、『Goal』はヘタフェでスポーツディレクターを務めるラモン・プラネスに話を聞いた。彼はどんな未来予想図を描きながら、柴崎と接触し、獲得を決断したのだろうか?

 ■柴崎の獲得は「場当たり的な補強」ではなかった

 カタルーニャ州・リェイダ県出身のプラネスは、同州にあるオスピタレでスポーツディレクターとしてのキャリアをスタートした。その手腕が評判となり、エスパニョールやトットナムといった格のクラブでも働いた。そう、エスパニョールが柴崎の同胞、MF中村俊輔を獲得したのも、彼がいたためである。

 試合中、プラネスは口を開くことなく、選手の長所を見出そうとピッチに鋭い目線を送り続ける。その集中力から、彼は日本人選手に確かなポテンシャルがあることを見出していた。柴崎については、ヘタフェに到着する前、エルチェとRバリェカノでスポーツディレクターを務めていたときから、獲得を検討していたという。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. なぜヘタフェは柴崎を獲得したのか? SDが明かす交渉の裏側と期待