2017.10.3 07:47

ジダン、エスパニョール戦2得点のイスコについて「道の上でプレーしているようで好き」

ジダン、エスパニョール戦2得点のイスコについて「道の上でプレーしているようで好き」

ジダン、エスパニョール戦2得点のイスコについて「道の上でプレーしているようで好き」

ジダン、エスパニョール戦2得点のイスコについて「道の上でプレーしているようで好き」【拡大】

 1日のリーガエスパニョーラ第7節、Rマドリードは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのエスパニョール戦に2-0で勝利した。試合後会見に出席したジネディーヌ・ジダン監督は、チームの全得点を叩き出したMFイスコについて、「まるで道の上でプレーしている」と賛辞を送った。

 スペイン『ABC』と『アス』がフランス人指揮官のコメントを伝えている。

 「イスコは自信を深めている。これまでもそういう存在ではあったが、自分が重要な選手と自覚しているんだ。道の上で、何も心配することなくプレーしているようで、それこそが彼の美点となっている。私は好きだよ」

 「事がうまく運ばないとしても、彼には落ち着きがある。最高のイスコを見続けられることを願っている」

 一方で、この試合も無得点に終わったFWクリスティアーノ・ロナウドについては、次のように語った。

 「疲労がたまっているわけではない。彼は長い間、試合から遠ざかっていんだ。リーガではまだゴールを記録しておらず、失望を感じているようだ。しかし、これはフットボールなんだよ。イスコに出したパスは素晴らしかったし、次の試合で流れが変わることを期待している」

 また筋肉の過負荷によりこの試合を欠場したMFガレス・ベイルが、ウェールズ代表に合流することを明かしている。

 「彼は代表チームに加わる。今日の試合で招集することもできたが、まだ違和感があったためにリストに含めることは見送った。何でもないことだ。彼は昨季、負傷によって4カ月も離脱していた。そして先のドルトムント戦で痛みを感じ……、しかし今回は負傷ではなかった」

 Rマドリードはこのエスパニョール戦で、再び相手の堅守に苦しむことになった。

 「あれだけ後方で守る相手と戦うのはとても難しく、落ち着きを保たなければならない。よりオープンなチームとの対戦では、私たちがゴールを決める可能性が高まる。例えばアウェーではドルトムント、ラ・レアルに対して3点を決めた。今日は勝利、勝ち点3を獲得したことだけを考えるべきだ」(Goal.com)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. ジダン、エスパニョール戦2得点のイスコについて「道の上でプレーしているようで好き」