2017.10.3 12:22

長友、先発したベネヴェント戦に伊主要紙から合格点「いつも通り中身のある試合」

長友、先発したベネヴェント戦に伊主要紙から合格点「いつも通り中身のある試合」

特集:
長友佑都
長友、先発したベネヴェント戦に伊主要紙から合格点「いつも通り中身のある試合」

長友、先発したベネヴェント戦に伊主要紙から合格点「いつも通り中身のある試合」【拡大】

 インテルミラノに所属する日本代表のDF長友佑都に対し、イタリア主要紙は1日、概ね及第点の評価を下した。

 インテルミラノは1日、セリエA第7節でベネヴェントと対戦。創立88年で初めてセリエAに昇格したクラブに苦しめられながらも2-1で競り勝った。長友は第5節のボローニャ戦で(1-1)で3試合ぶりに先発出場したが、前節のジェノア戦(1-0でインテルミラノが勝利)では再びライバルのDFダルベルト・エンリケにポジションを奪われた。ベネヴェント戦でも引き続きライバルの出場が予想されていたが、長友がスタメンに名を連ね、85分までプレーした。インテルミラノの先制点となったMFマルセロ・ブロゾビッチの得点シーンに絡んでいる。

 『トゥット・スポルト』は長友に及第点となる「6」をつけ、「いつも通り中身のある試合だった」と評価した。なおチーム内最高点はドッピエッタ(1試合2得点)を決めて勝利に導いたブロゾビッチの「7」、最低点はミスが多く、失点シーンにも絡んだDFダニーロ・ダンブロージオの「5」となっている。

 『コリエレ・デロ・スポルト』も同様に、長友に対して「6」の評価を下した。寸評では「ダルベルトに代わり起用された。1-0の得点シーンでは良かったが、(マルコ)ダレッサンドロにゴールを許した場面では自分のポジションにいなかった」と指摘。先制点の場面でのMFアントニオ・カンドレーヴァへのパスを評価する一方、失点シーンでのポジショニングに問題があったと述べた。なお最高点はブロゾビッチの「7,5」、最低点はボールロストが目立ったFWイヴァン・ペリシッチの「5」となっている。

 一方、『ガゼッタ・デロ・スポルト』は2紙よりもやや厳しく、長友に「5,5」をつけている。最高評価はブロゾビッチの「8」、最低評価はダンブロージオの「5」となった。(Goal.com)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. 長友、先発したベネヴェント戦に伊主要紙から合格点「いつも通り中身のある試合」