2017.10.3 19:37(1/2ページ)

セリエとプレミアを制したコンテ、イタリアの方が「より簡単だった」と語る理由は…

セリエとプレミアを制したコンテ、イタリアの方が「より簡単だった」と語る理由は…

セリエとプレミアを制したコンテ、イタリアの方が「より簡単だった」と語る理由は…

セリエとプレミアを制したコンテ、イタリアの方が「より簡単だった」と語る理由は…【拡大】

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、プレミアリーグとセリエAでの経験を比較。イタリア制覇はより簡単だったとし、イングランドトップリーグの難しさについて語った。

 コンテ監督は2010-11シーズンにユベントスの監督に就任すると、それから3季連続で同チームをセリエA優勝に導いた。そしてイタリア代表での指揮を挟んだ後、2016-17シーズンからチェルシーの監督に就任。イングランド初挑戦ながら自身の戦術をチームに浸透させ、リーグ戦30勝を記録するなど圧倒的な強さでプレミアリーグを制してみせた。

 そんな2つの欧州トップリーグで優勝経験を持つ48歳のイタリア人指揮官は、プレミアリーグの難しさについて語った。

 「私は毎日クラブにコミットしている。タイトル防衛はとても難しいからね。このリーグではどのチームも強敵だ。連覇は本当にタフな挑戦だね」

 そしてイタリア時代を振り返り、ライバルチームの弱体化によって優勝は簡単なものになったとの見解を示した。

 「ユベントスで最初にタイトルを獲った時、ACミランとの激しい優勝争いになると予想していた。しかし、彼らはズラタン・イブラヒモヴィッチとチアゴ・シウバをパリサンジェルマンに売却したことにより、チーム力が落ちてしまった。2度目の優勝も単純なものではなかったが、もっと簡単だったね」

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. セリエとプレミアを制したコンテ、イタリアの方が「より簡単だった」と語る理由は…