2017.10.3 12:06(1/2ページ)

伊藤は“HSVの未来” 独紙が20歳のウィングを特集記事で紹介

伊藤は“HSVの未来” 独紙が20歳のウィングを特集記事で紹介

伊藤は“HSVの未来” 独紙が20歳のウィングを特集記事で紹介

伊藤は“HSVの未来” 独紙が20歳のウィングを特集記事で紹介【拡大】

 ハンブルガーSV(HSV)の2軍に所属するFW伊藤達哉は9月30日に行われたブンデスリーガ第7節ブレーメン戦で、キャリアで初めてトップチームの試合に先発出場を果たしている。このダービーはスコアレスドローに終わるも、突然にHSV下部組織から現れた20歳の若手は“勝者”としてピッチを退いたと言えるだろう。

 第5節ドルトムント戦からトップチームでメンバーに加えられている伊藤は、前節レーバークーゼン戦で終盤に途中出場して1部デビューを飾っている。そして、ブレーメンとの“ノルトダービー”(“北のダービー”)には主将を務める日本代表DF酒井高徳とともにスタメンとして臨むと、左サイドで堂々と仕掛けるプレーはすぐさま観客を魅了した。

 この一戦で伊藤は52分までプレー。ふくらはぎが両方ともつったため、悔しがりながらもベンチに下がった。しかしその際、HSVの本拠地、フォルクスパーク・シュタディオンの観衆は立ち上がり、大きな拍手を送っている。試合後にはマルクス・ギスドル監督も「イトウは我々のプレーを信じられないほど活性化した。この試合でファンのお気に入りの選手にもなったようだね」と称賛の言葉を口にしている。

 またその上々のパフォーマンスを受けたドイツ紙『ビルト』は「HSVの未来となる3人」の一人として特に伊藤について紹介。HSVは2014年にドバイで開催された“アル・アイン・カップ”でMVPに選ばれた当時柏レイソルユース所属の伊藤に注目し、獲得に乗り出したと伝えている。同紙によると、マンチェスターCやインテルミラノも同選手に目をつけていたという。「ヨーロッパに行くことが夢で、トライアルを2度ほど受けました」と話す伊藤だが、最終的には2015年HSVのU-19チームを新天地に選択したとのこと。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 伊藤は“HSVの未来” 独紙が20歳のウィングを特集記事で紹介