2017.10.2 23:22

バルサ、リーガにラス・パルマス戦延期認めなかった理由を求める意向…UEFA&FIFAへの提起も

バルサ、リーガにラス・パルマス戦延期認めなかった理由を求める意向…UEFA&FIFAへの提起も

バルサ、リーガにラス・パルマス戦延期認めなかった理由を求める意向…UEFA&FIFAへの提起も

バルサ、リーガにラス・パルマス戦延期認めなかった理由を求める意向…UEFA&FIFAへの提起も【拡大】

 バルセロナは1日のリーガエスパニョーラ第7節ラス・パルマス戦の延期を認めなかったスペインプロリーグ機構(LFP)に対して、その理由を追及していく方針だ。

 カタルーニャ州は1日に同州のスペインからの分離独立の是非を問う住民投票を実施。対して、憲法裁判所により住民投票の執行停止命令を得たスペイン中央政府は、投票を阻止すべく治安警察、国家警察らを動員し、投票所を占拠するなどの行動に出た。最終的には800人以上が負傷する事態となっている。

 カタルーニャ州のシンボルの一つであるバルセロナは、住民が血を流している異様な事態の真っ只中で、試合を延期にすべきとクラブ内外から圧力をかけられることに。バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、LFPにコンタクトを取り延期を求めたが、LFPはそうする理由が見当たらないとして、不戦敗及び独断での試合中止により合計で勝ち点6を失うと警告した。これを受けたバルセロナは、無観客で試合を行うという苦渋の決断を下している。

 しかしながらバルセロナは、LFPが試合延期を認めなかったことを問題視している様子だ。バルトメウ会長は今後、LFPにさらなる説明を求める意向及び、UEFAとFIFAに対して問題提起をする考えも示唆。「私たちは説明を求めていく。彼らが試合の延期を望まなかったことは、理解できるようなものではない。こちらにはさらなる権力機関に持ち込む考えもあり、そうなれば事はさらに重大なものとなる」と語っている。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. バルサ、リーガにラス・パルマス戦延期認めなかった理由を求める意向…UEFA&FIFAへの提起も