2017.10.2 08:12(1/2ページ)

2度のビデオ判定、ディバラのPK失敗 激しい攻防の末ユーヴェはアタランタと痛み分け

2度のビデオ判定、ディバラのPK失敗 激しい攻防の末ユーヴェはアタランタと痛み分け

2度のビデオ判定、ディバラのPK失敗 激しい攻防の末ユーヴェはアタランタと痛み分け

2度のビデオ判定、ディバラのPK失敗 激しい攻防の末ユーヴェはアタランタと痛み分け【拡大】

 現地時間1日にイタリア・セリエA第7節が行われ、アタランタとユベントスが対戦した。

 両チームともミッドウィークにヨーロッパのコンペティションを戦ったばかり。チャンピオンズリーグ・オリンピアコス戦で勝利を収めたユベントスは、その試合から4人を変更。ディバラらに加え、オリンピアコス戦で途中出場から決勝点を挙げたイグアインがスタメン復帰を果たした。

 一方ヨーロッパリーグで、敵地でリヨンと1-1と引き分けたアタランタは、2人を変更。好調を維持するエースのFWアレハンドロ・ゴメスらが先発し、首位を走る王者をホームに迎えた。

 両チームとも過密日程の中で、高いインテンシティを持って試合に入る。そんな中でユーヴェは3分、ベルナルデスキがファーストシュートを放った。ガスペリーニ監督おなじみのマンツーマン気味で激しいディフェンスを、うまくいなしながらゴールに近づくユベントスは、絶好調ディバラやイグアインなどがシュートを放っていく。

 すると21分、一瞬のすきを突いたユーヴェが先制する。アサモアのクロスにマテュイディがダイレクトで合わせる。これはGKベリシャが弾いたが、ベルナルデスキが押し込んだ。難しいアウェイの地で、王者ユベントスがリードを手にする。

 畳み掛けるユーヴェは25分、追加点を手にする。エリア手前でマンジュキッチがポストプレーで中に送ると、ベルナルデスキがエリア内のイグアインにパスを送る。背番号9は相手DFのマークを物ともせず、強烈なシュートを叩き込んだ。

 反撃したいアタランタは31分、ゴール手前でFKを獲得すると、少しずらしてA・ゴメスが強烈なシュート。GKブッフォンが弾いたところをカルダーラが押し込み、ホームチームが1点を返すことに成功する。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. 2度のビデオ判定、ディバラのPK失敗 激しい攻防の末ユーヴェはアタランタと痛み分け