2017.10.2 00:29

長友が先制点の起点に!インテル、最下位ベネヴェントに競り勝つ

長友が先制点の起点に!インテル、最下位ベネヴェントに競り勝つ

特集:
長友佑都
長友が先制点の起点に!インテル、最下位ベネヴェントに競り勝つ

長友が先制点の起点に!インテル、最下位ベネヴェントに競り勝つ【拡大】

 現地時間1日、イタリア・セリエA第7節が行われ、長友佑都の所属するインテルミラノは敵地スタディオ・チーロ・ヴィゴリートでベネヴェントと対戦し、2-1で競り勝った。2試合ぶりに先発復帰した長友は、85分までプレー。先制点の起点になるなど、印象的な活躍を見せた。

 今シーズンいまだ勝利どころか引き分けすらなく、0勝6敗で最下位に沈む昇格組のベネヴェントに対し、インテルミラノが立ち上がりから主導権を握る展開に。迎えた19分、ペナルティーエリア内左に走り込んだ長友に浮き球のパスが渡り、長友からのパスを受けたアントニオ・カンドレーヴァがクロスを上げる。これをゴール前に飛び込んできたマルセロ・ブロゾビッチが頭で合わせ、攻勢のインテルミラノが先制する。

 さらに22分、ゴール正面の位置でFKを獲得すると、ブロゾビッチのキックはゴール右隅へと吸い込まれ、インテルミラノが追加点を挙げる。34分には、ブロゾビッチのスルーパスに抜け出したマウロ・イカルディがネットを揺らすが、これはオフサイドの判定によりノーゴール。決まっていれば、前半だけで試合は終わっていた。

 すると42分にベネヴェントが反撃。ドリブルで突破を図ったピエトロ・イエメッロのスルーパスに抜け出したマルコ・ダレッサンドロが、右のポストに当てながらもGKサミル・ハンダノヴィッチを破りベネヴェントが1点を返す。

 1点差で迎えた後半、先に動いたのはインテルミラノ。52分、アントニオ・カンドレーヴァに代えてジュアン・マリオを投入する。

 しかし、1点を追うベネヴェントは前半よりも攻撃に勢いを感じさせ、58分にロレンツォ・ヴェヌーティの右サイドからのクロスをファーサイドのマルコ・ダレッサンドロがヘディング。しかし、これは左ポストに阻まれ、インテルミラノは肝を冷やす。

 その後もカウンターから効率よく攻めるベネヴェントに手を焼くインテルミラノは78分、ボルハ・バレロに代えてロベルト・ガリアルディーニ、さらに85分には、長友に代えてダルベルト・エンリケを投入し逃げ切りを図る。

 アディショナルタイムは5分と長めに取られたが、インテルミラノは試合を決定付ける3点目を奪えないまま、しかしベネヴェントに同点ゴールを許さず、逃げ切ったインテルミラノが2連勝を飾った。(Goal.com)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. 長友が先制点の起点に!インテル、最下位ベネヴェントに競り勝つ