2017.10.2 18:44(1/4ページ)

守備崩壊のC大阪…リーグ戦3試合10失点を立て直せるか?

守備崩壊のC大阪…リーグ戦3試合10失点を立て直せるか?

守備崩壊のC大阪…リーグ戦3試合10失点を立て直せるか?

守備崩壊のC大阪…リーグ戦3試合10失点を立て直せるか?【拡大】

 9月9日のFC東京戦を4-1で圧勝した後、16日のサンフレッチェ広島戦を0-1、23日のベガルタ仙台戦を1-4と連敗を余儀なくされたセレッソ大阪。この時点で順位は4位、首位・鹿島アントラーズとの勝ち点差は13まで広がり、J1タイトル獲得は非常に厳しくなってきた。それでも9月30日の川崎フロンターレとの上位対決前に鹿島の敗戦というニュースが舞い込んだ。ここで勝てば再び上が見えてくるだけに、セレッソとしては是が非でも勝ち点3がほしかった。

 ところが、この日の彼らはJ1・9試合無敗という安定感を誇った中盤戦までの躍動感が全くと言っていいほど影を潜めた。川崎の小気味いいパス回しに対し、プレスがことごとくかわされ、ソウザに代わって先発した秋山大地と山口蛍のダブルボランチの連携もギクシャク感が拭えない。エドゥアルド・ネットと森谷賢太郎の両ボランチから中村憲剛のホットラインがつながると、面白いようにラストパスが出てくる。その流れを堰き止められず、前半だけで2失点。後半開始早々にもエウシーニョと森谷にビューティフルゴールを決められ、この時点で試合が終わったと言っても過言ではなかった。柿谷曜一朗が1点を返して一矢報いたが、終わってみれば1-5の大敗。リーグ3試合で10失点という守備崩壊が現実になってしまったのだ。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 守備崩壊のC大阪…リーグ戦3試合10失点を立て直せるか?