2017.9.26 13:30(1/4ページ)

「僕には僕のストーリーがある」ディバラ、メッシとの比較論にも我が道を行く

「僕には僕のストーリーがある」ディバラ、メッシとの比較論にも我が道を行く

「僕には僕のストーリーがある」ディバラ、メッシとの比較論にも我が道を行く

「僕には僕のストーリーがある」ディバラ、メッシとの比較論にも我が道を行く【拡大】

 2015年夏、パウロ・ディバラはユベントスに加入したが、チームに合流してから間もなくして彼はそそくさと古巣の本拠地、パレルモに戻ってしまった。どうやらシチリア島にいる友達が恋しくなったようだ。しかしこのときの帰省は今となっては大変貴重な出来事だ。ディバラはそれを“妙な経験”と例えてこう話す。

 「ある日ビーチに行ったんだけど、僕が海からそろそろあがろうかというときに、岸にいた人たちみんなが僕のことを待っていたんだよ」

 ディバラによると、集まった人だかりは彼の移籍を祝福するためのもので、決して4,000万ユーロ(約53億円)を超える移籍金でユベントスへ行った彼への抗議ではなかったという。まるで物語の中のような光景であるが、ディバラは人々に愛され独特な影響を与えていることの証である。

 そう、同様にセリエA第4節のサッスオーロ戦で起こったことも予想だにしない出来事だ。この日、ディバラは早くも今シーズン2度目となるハットトリックを達成し、ユベントスの勝利に貢献した。またそれだけではなく、彼の素晴らしいプレーはアウェーサポーターをも圧巻し、試合終了5分前に途中交代でピッチを後にする際は、スタジアムに詰めかけた20,000人のサッスオーロ・サポーターがひとつになって彼に拍手を送っていたのである。サッスオーロのサポーターたちは、敵ながら自分たちが見たものが特別なもの、そして特別な人物であったことに気がついたのだろう。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. 「僕には僕のストーリーがある」ディバラ、メッシとの比較論にも我が道を行く