2017.9.25 00:19(1/2ページ)

インテル、苦戦もダンブロージオの決勝点で競り勝つ!長友は出番なし

インテル、苦戦もダンブロージオの決勝点で競り勝つ!長友は出番なし

特集:
長友佑都
インテル、苦戦もダンブロージオの決勝点で競り勝つ!長友は出番なし

インテル、苦戦もダンブロージオの決勝点で競り勝つ!長友は出番なし【拡大】

 現地時間24日、イタリア・セリエA第6節が行われ、長友佑都の所属するインテルミラノはホームにジェノアを迎え、1-0で競り勝った。ベンチスタートとなった長友は出番がなかった。

 前節、ボローニャ相手に引き分け、開幕からの連勝が4でストップしたインテルミラノ。今シーズンまだリーグ戦での白星がないジェノアを相手に、再び勝利を取り戻すことが期待された。

 キックオフ30分前に終了した試合で、インテルミラノのライバルであるACミランがジェノアのライバルであるサンプドリアに0-2で完敗。この結果に刺激されたのか、17位のジェノアが堅守サンプドリアを髣髴とさせるソリッドな守備を見せ、3位のインテルミラノを苦しめる。

 ジェノアはサンプドリアのように前から行く守備ではなく、インテルミラノにある程度ボールを持たせ、後方でブロックを作り待ち構える。インテルミラノはジェノアの守備の綻びをなかなか見つけられず、攻めあぐねる展開が続く。

 インテルミラノが決定機を作ったのは前半終了間際。マルセロ・ブロゾビッチがバイタルエリアで初めて前を向いてボールを受け、すかさず左足を振り抜くと、これが右のポストを叩いて外れた。

 スコアレスのまま迎えた後半、前半同様にインテルミラノが攻め、ジェノアが耐える展開かと思われたが、開始早々にジェノアがインテルミラノの出鼻を挫く。47分、ステファン・オメオンガが右サイドを突破しエリア内を深くえぐって折り返すと、ファーサイドでフリーとなっていたディエゴ・ラクサルトがボレーで合わせる。しかし、これは抑えきれずゴール上へと外してしまう。

 嫌な流れのインテルミラノは60分、アントニオ・カンドレーヴァに代えてエデルを投入。完全に抑え込まれているマウロ・イカルディをサポートする役割を与えた。

 すると69分、エデルのパスを受けたブロゾビッチが前半終了間際のような強烈な左足のシュートを放つも、GKマッティア・ペランがはじく。73分には、エデルが最前線のイカルディにクサビを入れ、自らリターンパスを受けてミドルレンジから狙うも再びGKペリンがはじいた。

 一方のジェノアも74分、若いピエトロ・ペッレグリに代えてベテランのゴラン・パンデフを投入。78分にはそのパンデフのポストプレーからオメオンガがエリア内右に侵入。思い切り良く右足を振り抜くが、GKサミル・ハンダノヴィッチを破るには至らない。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. インテル、苦戦もダンブロージオの決勝点で競り勝つ!長友は出番なし