2017.9.23 19:30

開幕5戦4勝…最高のスタートを切ったドルト、原動力は“消防車”香川

開幕5戦4勝…最高のスタートを切ったドルト、原動力は“消防車”香川

特集:
香川真司
開幕5戦4勝…最高のスタートを切ったドルト、原動力は“消防車”香川

開幕5戦4勝…最高のスタートを切ったドルト、原動力は“消防車”香川【拡大】

 日本代表MF香川真司が、ブンデスリーガで首位に立つドルトムントの原動力となっている。『DAILY NATION』が伝えた。

 香川は、6月7日の日本代表戦で左肩を脱臼。ケガを抱えてプレシーズンに突入し、日本で行われた浦和レッズとの親善試合も欠場。今季からピーター・ボス監督新体制となったチームで出遅れる形となっていた。

 それでもケガから順調な回復を見せた28歳のMFは、徐々に出場機会を掴むと、13日に行われたチャンピオンズリーグ・トットナム戦で今季初の先発出場を果たす。11分には、香川らしくバイタルエリアでパスを受けると、ワンタッチでFWアンドリー・ヤルモレンコのゴールをアシストした。

 そして迎えた19日のハンブルガーSV(HSV)戦では、24分にCKのこぼれ球を押し込み今季初ゴールをマーク。香川の先制弾で勢い乗ったチームはその後、FWピエール=エメリク・オーバメヤンとMFクリスチャン・プリシッチにもゴールが生まれ、ホームチームを一蹴した。

 ボス監督は試合後「HSVのプレッシャーが強かったので、この試合は簡単ではなかった。良いチームだけがこのような試合をものにできる。そして我々はそれに値したね」と、話し、チームのパフォーマンスに満足感を示していた。

 さらに、守護神ロマン・ビュルキは「立ち上がりは、救急出動要請が入った消防士のようなスタートを切ったね。追加点が本当に重要だった」と、序盤から良い入りができたことを誇った。

 世界一熱いサポーターを持つと言われるルール地方の強豪は、リーグ開幕5試合で4勝1分けと負けなし。さらに13得点・無失点と素晴らしい成績で、好調をキープしている。そんな最高のスタートを切った「消防士」のような選手たちを、背番号23が「消防車」のごとくけん引していると、同記事は伝えた。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 開幕5戦4勝…最高のスタートを切ったドルト、原動力は“消防車”香川