2017.9.21 14:06(1/3ページ)

パリSGに生じた混乱の火種…“傲慢さ”が閉ざす欧州制覇への道

パリSGに生じた混乱の火種…“傲慢さ”が閉ざす欧州制覇への道

パリSGに生じた混乱の火種…“傲慢さ”が閉ざす欧州制覇への道

パリSGに生じた混乱の火種…“傲慢さ”が閉ざす欧州制覇への道【拡大】

 「俺のボールで、お前には渡さない」

 リヨンのペナルティーエリア手前で得たフリーキックの場面で、同胞のネイマールにボールを手渡す前にエディンソン・カバーニを押しやったときのダニ・アウヴェスは、そう口にしているようであった。

 しかし、ネイマールが蹴ったFKは失望を招くものとなった。壁に阻まれ、リヨンの選手にクリアされたのだが、決して美しくない争いはその後も続くこととなった。

 パリサンジェルマン(パリSG)は先制点を奪った直後、キリアン・ムバッペが倒されてPKを獲得した。その時、世界でもっとも高額な選手とのキッカー争いを制したのはカバーニのほうだった。どころが、ネイマールがFKをミスしたのと同様に、カバーニが放ったキックはリヨンGKアンソニー・ロペスの好守に阻まれたのだった。

 ■まるで“子供の喧嘩”

 この一連の争いはアマチュアチームでもあまり起きないようなものだ。まるで小学生が校庭で小競り合いをしているのを見ているようであり、大きくて、かっこよくて、人気のある子供がいつでも優遇されているようであった。

 「パルク・デ・プランス」という校庭において、子供にあたるのは間違いなく、8月上旬にバルセロナから移籍してきて以来パリSGファンを虜にさせているネイマールのことである。120,000枚もの彼のネーム入りのユニホームが売れたといわれ、製造メーカーの『Nike』は生産が追いつかなくなるほどであり、11月まで品切れの状態が続く可能性があるとも言われている。

 カバーニの邪魔をしているというあまり好ましくない一面も、移籍してきて以来6試合で5ゴールという結果により、パリSGサポーターからの不評を買うわけでもない。一方のカバーニは、大事な場面で決定機を逃す傾向があることから、得点能力が高く、かつハードワークを厭わない選手でありながらも、ファンからの敬愛をそこまで集められないでいる。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. フランス
  4. パリSGに生じた混乱の火種…“傲慢さ”が閉ざす欧州制覇への道