2017.9.21 18:03(1/2ページ)

武藤、独2大メディアの評価は両チーム最高タイ 今季2点目は「素晴らしいソロ」

武藤、独2大メディアの評価は両チーム最高タイ 今季2点目は「素晴らしいソロ」

特集:
武藤嘉紀
武藤、独2大メディアの評価は両チーム最高タイ 今季2点目は「素晴らしいソロ」

武藤、独2大メディアの評価は両チーム最高タイ 今季2点目は「素晴らしいソロ」【拡大】

 日本代表FWの武藤嘉紀は20日に行われたブンデスリーガ第5節、マインツ対ホッフェンハイムで今季リーグ戦2ゴール目をマーク。チームは後半アディショナルタイムに失点し、2-3と逆転負けを喫するも、ドイツ2大紙は武藤のパフォーマンスに両チーム最高タイの採点をつけている。

 マインツは試合開始5分にMFダニー・ラッツァがミドルシュートを決めてリードを奪うと、16分には武藤が単独突破から追加点を記録した。そのゴールの場面では、相手ペナルティーエリア左手前でMFレヴィン・エズトゥナリからヒールパスを受けた武藤は、相手DFを背負いながらゴール左前までに突破。最後には2人の相手DFをかわし左足シュートをGKの股を抜く形で突き刺した。

 そんなパフォーマンスをドイツ誌『キッカー』も高く評価。ゴールシーン以外でも「力強い武藤は(チームの)高い位置でのプレスの原動力だった」と記す同誌は武藤に両チーム最高タイの「2」と、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた決勝弾を挙げたホッフェンハイムFWマルク・ウートと同様の採点をつけた。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 武藤、独2大メディアの評価は両チーム最高タイ 今季2点目は「素晴らしいソロ」