2017.9.21 11:19

長谷部、守備的MFで攻守の要に「チームの戦術の鍵を握っている、といっても過言ではない」

長谷部、守備的MFで攻守の要に「チームの戦術の鍵を握っている、といっても過言ではない」

特集:
長谷部誠

 サッカーのドイツ1部リーグは20日、各地で行われ、長谷部誠と鎌田大地のアイントラハト・フランクフルトは敵地で大迫勇也のケルンに1-0で勝った。ケルンは開幕5連敗。長谷部と大迫はフル出場し、鎌田は出場機会がなかった。

 2試合連続で守備的MFとしてフル出場した長谷部は、攻守の要の役割を見事に果たした。「自分がチームの戦術の鍵を握っている、といっても過言ではない」と胸を張った。

 唯一の得点となったPKも、長谷部のとっさの判断によるパスが起点となった。「うちは今、あまり得点できない時期。難しいゲームで、非常に価値のある勝利だった」と充実感を漂わせた。(共同)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 長谷部、守備的MFで攻守の要に「チームの戦術の鍵を握っている、といっても過言ではない」