2017.9.17 10:48(1/3ページ)

アトレティコ、新本拠地ワンダ・メトロポリターノ初戦で白星を飾る「凄まじい門出となった」

アトレティコ、新本拠地ワンダ・メトロポリターノ初戦で白星を飾る「凄まじい門出となった」

アトレティコ、新本拠地ワンダ・メトロポリターノ初戦で白星を飾る「凄まじい門出となった」

アトレティコ、新本拠地ワンダ・メトロポリターノ初戦で白星を飾る「凄まじい門出となった」【拡大】

 16日のリーガエスパニョーラ第4節、Aマドリードは新たな本拠地ワンダ・メトロポリターノでの初戦、マラガとの試合を1-0で制した。

 2017年9月16日。アトレティコ、ひいてはスペインフットボールにとって、ただ訪れるだけで歴史となる日である。アトレティコの新スタジアム、ワンダ・メトロポリターノのこけら落とし。スペイン唯一無二の情熱のスタジアムとされたビセンテ・カルデロンに別れを告げ、アトレティコは新たなる居場所を持った。

 レティーロ(1903年~)、オドネル(1913年~)、メトロポリターノ(1923年~)、カルデロン(1966年~)に続く、アトレティコにとっては五つ目の本拠。1966年にアラゴネス氏が公式戦で初めてのゴールを記録し、それから51年の歴史を積み重ねたカルデロンは数多くの家族が世代を超え、いわゆる「父に手を引かれてカルデロンにやってきた」ところから始まり、勝利、敗北、引き分け、降格、昇格、優勝、歓喜と悲しみの涙と、あらゆることを経験した思い出深い場所だった。

 それだけに、新メトロポリターノという新たな家に住み着いた最初の時期は、カルデロンというノスタルジーとの対峙もあるのかと予感させた。が、やはり最も大切なのは場所ではなく、人だった。もちろん6万8000人のキャパシティ(カルデロンは5万5000人)、スタジアム内に三つ設置されたLGの大型モニター、フィリップスの外観及び内観を染める16万色発光のLEDライトを備えた総工費3億ユーロのスタジアム、新メトロポリターノはこの上ない場所だ。けれども、この新スタジアムをアトレティコのカラーに染めたのは、試合前からイムノや「テ・キエロ・アトレティ(アトレティ)!」、「アトレティへの愛、お前には分かるまい」などのチャントを力の限り歌うファンだった。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. アトレティコ、新本拠地ワンダ・メトロポリターノ初戦で白星を飾る「凄まじい門出となった」