2017.9.17 23:55(1/2ページ)

チェルシー対アーセナルは互いに譲らずスコアレスドロー

チェルシー対アーセナルは互いに譲らずスコアレスドロー

チェルシー対アーセナルは互いに譲らずスコアレスドロー

チェルシー対アーセナルは互いに譲らずスコアレスドロー【拡大】

 現地時間17日、イングランド・プレミアリーグ第5節が行われ、スタンフォード・ブリッジでチェルシーとアーセナルが対戦し、0-0のドローに終わった。

 チェルシーはアルバロ・モラタが新エースとしての期待に早くも応えている一方、10番を背負うエデン・アザールが負傷により出遅れ、この試合でもベンチスタート。アーセナルもチーム得点王のアレクシス・サンチェスが去就問題の影響もありコンディションが万全ではなく、ベンチから試合を眺める。また、メスト・エジルは招集外となったため、2枚看板を同時に欠いて昨季王者との一戦に臨むこととなった。

 立ち上がりは、ここ数試合ほとんどメンバーの変わっていないチェルシーが攻勢に試合を進める。セスク・ファブレガスを中心としたパスワークと、ペドロ、ウィリアンの両翼が躍動し、そこに両ウイングバックのビクター・モーゼスとマルコス・アロンソが絡んでくる攻撃は非常に鋭い。11分には、オフサイドだったものの、セサル・アスピリクエタのアーリークロスをモラタが頭で合わせる、今シーズンの必勝パターンの一つも披露された。

 守勢に回ったアーセナルだったが、徐々に試合の主導権を握り始める。キッカケは16分、右サイドをアレクサンドル・ラカゼットとのワンツーで突破したエクトル・ベジェリンのクロスをダニー・ウェルベックが頭で合わせる。これはわずかにゴール左へと外れたが、最終ラインのシュコドラン・ムスタフィから始まった攻撃は完全にチェルシーの守備を崩していた。

 アーセナルはこの試合、明確なチェルシー対策を打っていた。チェルシーの攻撃の起点が最終ラインのダビド・ルイスであると睨み、ラカゼットが常にD・ルイスを意識した守備を見せてロングボールを蹴らせない。チーム全体で意図的にギャリー・ケイヒルやヌゴロ・カンテへとボールを誘導し、D・ルイスとセスクからのパスを出させないようケアしていた。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. チェルシー対アーセナルは互いに譲らずスコアレスドロー