2017.9.16 23:01

韓国人DFコンビが鳥栖救う 初得点の鄭「一つにまとまって戦ったおかげ」

韓国人DFコンビが鳥栖救う 初得点の鄭「一つにまとまって戦ったおかげ」

 明治安田J1第26節第1日(16日、鳥栖2-1甲府、ベアス)鳥栖を韓国人DFコンビが救った。0-1の後半20分に鄭昇ヒョンが同点とし、ロスタイムに金ミンヒョクが決勝点。今夏加入の鄭は初得点に「チームが一つにまとまって戦ったおかげ」と謙遜した。

 直近の2戦は大量失点で敗れていたこともあり、金は「集中して絶対に勝ちたかった。うれしい」と喜んだ。この日も守備陣の乱れが目立ったが「練習で修正できる。次は強い相手だが、準備して頑張りたい」と次節の浦和戦へ意気込んだ。

鳥栖・フィッカデンティ監督「前半は相手の一体感を感じた。最後まで信じて勝ちまで持っていけたのは大きい」

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 韓国人DFコンビが鳥栖救う 初得点の鄭「一つにまとまって戦ったおかげ」