2017.9.16 22:06

FC東京、安間監督の初陣を白星で飾る!仙台下し4戦ぶり勝利

FC東京、安間監督の初陣を白星で飾る!仙台下し4戦ぶり勝利

FC東京、安間監督の初陣を白星で飾る!仙台下し4戦ぶり勝利

FC東京、安間監督の初陣を白星で飾る!仙台下し4戦ぶり勝利【拡大】

 明治安田生命J1リーグ第26節が16日に行われ、味の素スタジアムではFC東京とベガルタ仙台が対戦。試合は1-0でFC東京が勝利を収めた。

 現在3連敗中のFC東京は、前節のセレッソ大阪戦で敗れたあと、篠田善之監督の退任を発表。後任には安間貴義コーチが暫定で就任することが決定した。今節はその安間新監督の初陣となる。危機的状況にあるチームをどのようにて立て直すのか。その手腕に注目が集まる。この試合では、吉本一謙に代わってチャン・ヒョンスが最終ラインに入り、3バックを形成。前線には永井謙佑が1トップで入った。

 一方の仙台は前節、サガン鳥栖相手に怒涛のゴールショーを演じた。4得点を奪い、快勝を収めた。中位浮上を実現するためにもここで連勝を達成したいところ。前節2ゴールの石原直樹が仙台のカギを握る。スタメンでは、FC東京と同じ3バックを形成。前節からの変更点は太ももの肉離れで離脱した富田晋伍に代わって西村拓真がスタメン入りした。14日に27歳の誕生日を迎えた三田啓貴は2015年まで在籍していた古巣との対戦となる。

 試合は序盤からFC東京が細かいパス回しから、何度も決定機を作っていく。7分、永井のクロスを、大久保嘉人が触ろうとしたが、相手DFに阻止されてそのままゴールラインを割ってしまう。さらに、23分には縦パスを受けた永井がシュートに持ち込もうとするも、相手のプレッシャーを受け、防がれてしまう。

 32分、FC東京はFKのチャンスを太田宏介が直接狙ったが、これはGKシュミット・ダニエルのセーブに遭う。そのこぼれ球を拾った東のクロスを永井が頭で合わせたが、枠に飛ばすことができない。その直後、永井と競り合った仙台の大岩一貴が頭から出血し、プレーが中断されたが、止血を行い元気にピッチへ戻った。結局45分でスコアは動かず、前半を折り返す。

 後半開始早々、仙台は野津田岳人が強烈なFKを放ったが。GK林彰洋に防がれてしまう。さらに54分、三田が放ったミドルシュートのこぼれ球を再び野津田が右足で押し込んだが。これもGK林にキャッチされてしまう。

 対するFC東京も63分、FKから太田が左足で狙ったが枠の左に逸れてしまう。セットプレーからチャンスを作りつつあるFC東京は67分、安間監督の采配がズバリ的中する。太田の右CKから、チャン・ヒョンスが頭で合わせて先制に成功する。スタメンに抜擢されたチャン・ヒョンスのゴールでホームのFC東京が遂に均衡を破った。

 追い上げたい仙台は80分、野津田の浮き球のパスから、クリスランが落とすと、最後は石原が飛び込んだが、間際で防がれて押し込むことができない。

 1点をリードしたFC東京は、守備への意識を高めて仙台の反撃をシャットアウト。結局スコアは動かず1-0でホームのFC東京が4試合ぶりの勝利。安間監督の初陣を白星で飾っている。(Goal.com)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. FC東京、安間監督の初陣を白星で飾る!仙台下し4戦ぶり勝利