2017.9.16 20:36(1/2ページ)

鹿島、レアンドロのハットトリックで逆転勝利…新潟は14戦勝ちなし

鹿島、レアンドロのハットトリックで逆転勝利…新潟は14戦勝ちなし

鹿島、レアンドロのハットトリックで逆転勝利…新潟は14戦勝ちなし

鹿島、レアンドロのハットトリックで逆転勝利…新潟は14戦勝ちなし【拡大】

 明治安田生命J1リーグ第26節が16日に行われ、デンカビッグスワンスタジアムではアルビレックス新潟と鹿島アントラーズが対戦。試合は4-2で鹿島が勝利を収めた。

 新潟は2勝5分け18敗で最下位。残留圏内の15位とは勝ち点差が10となっている。J1残留に向け、14試合ぶりの勝利を、ホームで収めたい。フォーメーションは「4-5-1」で、1トップにはドウグラス・タンキが起用された。

 対する鹿島は18勝1分け6敗で首位。2位とは勝ち点差6となっている。フォーメーションは「4-4-2」で、2トップは金崎夢生と金森健志。昨季まで新潟に所属していた鹿島MFレオ・シルバは、移籍後初となるデンカSでの試合となる。

 試合は5分に動く。新潟MF山崎亮平のパスを受けたMF小川佳純が、ペナルティエリア左からクロス。タンキのシュートは鹿島GK曽ヶ端準のブロックをはじき、ゴールネットに突き刺さる。新潟が先制に成功するが、ここから鹿島の猛攻が始まる。そうした中、40分に新潟DF大武峻が相手との接触により、頭部から出血。バンテージを巻いてピッチに復帰する。

 新潟は45分、MF磯村亮太が左サイドから勢いをもって、ドリブルでペナルティエリア内に進入。勢いのあるクロスを送ると、ファーサイドに走り込んでいたMFホニが合わせ、ゴール。ホニは宙返りのパフォーマンスを披露する。前半は2-0と、新潟のリードで終了した。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 鹿島、レアンドロのハットトリックで逆転勝利…新潟は14戦勝ちなし