2017.9.14 07:33

浦和・柏木、川崎・車屋は「ちょっと可哀想な退場だったけど…」/ACL

浦和・柏木、川崎・車屋は「ちょっと可哀想な退場だったけど…」/ACL

浦和・柏木、川崎・車屋は「ちょっと可哀想な退場だったけど…」/ACL

浦和・柏木、川崎・車屋は「ちょっと可哀想な退場だったけど…」/ACL【拡大】

 13日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦が行われ、浦和レッズが川崎フロンターレに4-1で快勝。逆転で準決勝進出を決めた。試合後、浦和のMF柏木陽介がゲームを振り返った。

 4得点を奪い、2試合合計5-4として、川崎Fを破った浦和。柏木は「川崎Fは普段もっとプレッシャーを掛けてくるようなチームだけど、多分余裕もあったと思う。ちょっと可哀想な退場だったけど、全てを含めて神様が俺らの前向きな頑張りを見ててくれたのかなって。あと、平日の中でサポーターがたくさんいてくれたというのが、後押しになったと思う」と激闘を振り返った。

 3点目が入った時に「いけるなというか、『ここで取りに行こう』という気持ちが、みんな見えていた」と逆転への希望が見えていたと話す柏木。「延長まで行かさず、終わらせるという気持ちがあったから。ただそこでもリスクマネジメントがある程度出来ていたのは、すごく良かったと思う」と、前のめりになりすぎず、リスク管理も怠らなかった。

 後半の浦和は圧倒的にボールを支配。70分に決まったズラタンのゴールで一気にスイッチが入った。「気持ちが乗っている分、ゴールに吸い込まれたんじゃないかって。今まではね、勝てないときは全部逆に決められていたから」

 さらに柏木は「まだリーグも諦めているわけじゃない」と口に。この大逆転勝利をきっかけにリーグ戦での挽回を誓った。(Goal.com)

試合結果へ決勝T日程へ組み合わせへ

  • 後半、ゴールを決めて喜ぶ浦和・高木(中央・13)に駆け寄る浦和イレブン=埼玉スタジアム(撮影・中井誠)
  • 後半、ゴールを決める浦和・ズラタン=埼玉スタジアム(撮影・中井誠)
  • 後半、ゴールを決める浦和・高木=埼玉スタジアム(撮影・中井誠)
  • 後半、ゴールを決めて喜ぶ浦和・高木=埼玉スタジアム(撮影・中井誠)
  • 前半、同点ゴールを決め、柏木(左)とタッチする浦和・興梠=埼玉スタジアム
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 浦和・柏木、川崎・車屋は「ちょっと可哀想な退場だったけど…」/ACL