2017.9.14 04:03(2/2ページ)

ミラクル浦和、大逆転4発!08年以来の4強入り/ACL

ミラクル浦和、大逆転4発!08年以来の4強入り/ACL

後半、ゴールを決めて喜ぶ浦和・高木=埼玉スタジアム(撮影・中井誠)

後半、ゴールを決めて喜ぶ浦和・高木=埼玉スタジアム(撮影・中井誠)【拡大】

 ミラクルだ。後半41分、MF高木の左足ループシュートがゴールに吸い込まれた。実はこれ、蹴り損ない!? 大逆転となるチーム4点目にヒーローも興奮気味だ。

 「中に折り返そうと思った。正直、狙ったゴールではなかったが得点になってよかった。自分でもびっくり」と照れ笑いした。

 前半19分、GK西川のミスで痛恨の先制を許した。それでも、股関節痛から復帰したMF柏木は「失点しても、みんなは『まだいける』という雰囲気だった」。前半35分にFW興梠、後半25分にはFWズラタン、同39分にMFラファエルシルバが怒涛(どとう)のゴールラッシュ。2戦合計4-4とし、最後に高木が決めた。

 2-0の勝利か失点すれば3点差以上の勝利が必要だった。だが、自信があった。日本代表DF槙野は「もともとマイナスからのスタート。済州戦の方が厳しかった」。決勝トーナメント1回戦の済州戦は敵地で0-2と敗れたがホームで3-0。大逆転勝利を果たした。この日も前半終了後のロッカールームで槙野がほえた。「信じる気持ちと希望を捨てるな!!」。後半のシュート数は15対0。プラス思考が最高の結末につながった。

 9年ぶり3度目の4強進出。2度の奇跡を10年ぶり2度目のアジア制覇へつなげる。 (宇賀神隆)

試合結果へ決勝T日程へ組み合わせへ

  • 高木(中央13番)の劇的弾で4強入りを決めた浦和。槙野(奥)、興梠(右端)らはお祭り騒ぎで喜んだ(撮影・中井誠)
  • 後半、ゴールを決める浦和・高木=埼玉スタジアム(撮影・中井誠)
  • 後半、ゴールを決めて喜ぶ浦和・高木(中央・13)に駆け寄る浦和イレブン=埼玉スタジアム(撮影・中井誠)
  • 後半、ゴールを決める浦和・ズラタン=埼玉スタジアム(撮影・中井誠)
  • 前半、同点ゴールを決め、柏木(左)とタッチする浦和・興梠=埼玉スタジアム
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. ミラクル浦和、大逆転4発!08年以来の4強入り/ACL