2017.9.8 12:13(1/3ページ)

まさに“2年目のモウリーニョ無双” 岡崎も感じたマンUの強さとは?

まさに“2年目のモウリーニョ無双” 岡崎も感じたマンUの強さとは?

特集:
岡崎慎司
まさに“2年目のモウリーニョ無双” 岡崎も感じたマンUの強さとは?

まさに“2年目のモウリーニョ無双” 岡崎も感じたマンUの強さとは?【拡大】

 試合前のオールド・トラッフォードで両軍の選手が一列に並んでサポーターの声援に応えると、レスターの岡崎慎司はマンチェスター・Uの選手たちと握手を交わしていった。194cmのネマニャ・マティッチ、191cmのポール・ポグバ、190cmのロメル・ルカク。174cmの岡崎との身長差は、実に15~20cmだ。見上げるような巨人たちを揃えたそのユナイテッドが、立ち上がりからレスターを圧倒した。

 驚くべきは、敵を凌駕するフィジカルの強さである。中盤底に控えるマティッチが身体をガツンとぶつけてマイボールにすれば、最終ラインのエリック・バイリーも敵の攻撃を跳ね返す。7500万ポンドで加入したルカクは、最前線の基準点として空中戦で強さを発揮した。

 ただ、強さと高さだけではない。オープンスペースへのスルーパスからルカクがスピードを使って前線に飛び出せば、球際でもアントニー・マルシャルがアジリティを生かしてマーカーを置き去りにする。プレミアリーグの特性である高さと強さをベースにしながら、速さと俊敏性、ダイナミズムをうまくブレンドしているのが、今季のユナイテッドの特徴と言えよう。足りないクリエイティビティは、ヘンリク・ムヒタリアンとファン・マタで補充するなど、在任2季目のジョゼ・モウリーニョ監督は隙のないチームに仕上げてきた。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. まさに“2年目のモウリーニョ無双” 岡崎も感じたマンUの強さとは?