2017.9.7 05:04

【記者の目】「本田時代」に終わりを告げたサウジ戦

【記者の目】

「本田時代」に終わりを告げたサウジ戦

特集:
本田圭佑

 サッカー・ロシアW杯アジア最終予選B組(5日、サウジアラビア1-0日本、ジッダ)本田は明らかに精彩を欠いていた。運動量とスピードの不足は、これまでも指摘されていた彼の弱点だった。しかし、この日は得意のボールキープとパスさえも目を覆いたくなる出来だった。実戦不足のせいなのか、年齢からくる衰えなのか。後者であればサウジアラビア戦は「本田時代」の終わりを告げる試合として記録に残るだろう。

 そもそも「縦に速い攻撃」を目指すハリルホジッチ監督のスタイルにおいて、スピード不足の本田はFWに向かない。本人がトップ下を希望するのも分かる。中盤でボールを落ち着かせ、味方の攻め上がりを待つのは得意なプレーだからだ。

 しかし、指揮官は井手口や山口のような出足の速いタックルを武器とする選手を中盤に置きたがる。これから相手が強くなるほど、中盤でボールを奪い、素早くサイドに展開するカウンター攻撃を磨いていくはず。そうなると、本田の居場所はますますなくなる。 (サッカー担当キャップ・浅井武)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【記者の目】「本田時代」に終わりを告げたサウジ戦