2017.9.6 08:46

ハリルJ、アジア予選最終戦を飾れず…サウジアラビア相手に課題残す敗戦

ハリルJ、アジア予選最終戦を飾れず…サウジアラビア相手に課題残す敗戦

 サッカー・ロシアW杯アジア最終予選B組(5日、サウジアラビア1-0日本、ジッダ)すでに2018年W杯ロシア大会出場を決めている日本はサウジアラビアと対戦し、0-1で敗れた。最終戦を白星で飾れず、6勝2分け2敗の勝ち点20で予選を終えた。サウジアラビアが勝ち点19とし、豪州に得失点差で上回って2位となり、本大会出場を決めた。

 スタジアムは62165の大観衆。酷暑の完全アウェーで、ハリルJは点を奪えなかった。この日はFWはトップに岡崎、右に本田(パチューカ)ら前回の豪州戦と先発メンバーを入れ替えたが、前半を0-0で折り返した。

 日本は後半開始から本田に代えて浅野を起用したが、苦しい展開は続く。18分エリア右でパスを受けたF・ムワラドに先制ゴールを決められ、そのまま逃げ切られた。

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

今、あなたにオススメ
Recommended by