2017.9.6 16:04

長友が挙げる日本代表の課題…若手の台頭には「刺激ガンガンもらっている」

長友が挙げる日本代表の課題…若手の台頭には「刺激ガンガンもらっている」

特集:
長友佑都
試合後、取材に応じる長友=キング・アブドゥラ-・スポーツ・シティ(撮影・甘利慈)

試合後、取材に応じる長友=キング・アブドゥラ-・スポーツ・シティ(撮影・甘利慈)【拡大】

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選 第10戦が5日に行われ、日本代表はサウジアラビア代表と対戦した。6万人を超える大観衆の中で行われた試合は、後半に日本が一瞬のスキをつかれて先制を許し、0-1でサウジアラビアに敗れた。試合後、DF長友佑都が敗戦を振り返った。

 「(本田)圭佑とか(原口)元気とかがすごい守備を頑張ってくれて下がってきた分、岡崎(慎司)が孤立してしまって。そこはチームとして、圭佑とか元気とかが攻撃に意識を持っていく体力を残せるような守備を、僕らサイドバックがもっとやっていかなければいけないと感じてます」と、長友は前後の選手の距離間を課題に挙げる。「(柴崎岳や井手口陽介も)ちょっと遠かったですね」

 オーストラリア戦に出場のなかったFW本田圭佑が先発出場するも充分なパフォーマンスを発揮できなかった件について問われると、「まあ試合勘はやっぱり大事だと思う。圭佑もケガして長い間サッカーやってなかったんで。今後また(所属クラブに)帰って、フィジカルコンディションを上げていくと思います」と強い信頼感を表明。「圭佑ばっかりに頼ってもダメだし、途中から出た浅野(拓磨)とか久保(裕也)とかも、試合を決められるような選手になってもらわないと」と若手への期待も語った。

 さらに続けて、「(自分たちの世代も)もちろん頑張りますよ。若手が出てきて刺激もガンガンもらってるんで。代表でもそうですけど、インテルに帰ってももっと厳しい競争がある。一瞬たりとも、1日たりとも気が抜けない。勝負は続きますよね」と気を引き締めた。(Goal.com)

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 長友が挙げる日本代表の課題…若手の台頭には「刺激ガンガンもらっている」