2017.9.6 11:30

【J試合情報】浦和レッズvs柏レイソル 9月9日

【J試合情報】

浦和レッズvs柏レイソル 9月9日

特集:
Jリーグ試合情報

 ・浦和はJ1のホームでの柏戦で、現在5連勝中。この間、計2失点しかしておらず、3試合で無失点に抑えている。

 ・浦和はJ1で現在3連勝中。その間、2失点に抑えている。それ以前の10試合では、平均2.6失点を喫していた。

 ・柏はJ1のアウェイ戦直近10試合で1敗しかしていない(7勝2分)。この間、0.6失点しか喫していない。

 ・2015年シーズン以降、J1で最も得点に関与している選手はクリスティアーノ(計58点、40得点18アシスト)。

 ・柏(357本)と浦和(356本)は今季J1で最もシュートを放っている上位チームである。

 ・浦和が今季J1で最も低いパス成功率を記録した試合は、14節の柏戦(77%、今季チーム平均は85.8%)。

 ・今季第14節の今対戦カードで、武富孝介はヘディングで決勝点をアシストした。武富は今季J1で挙げた全6得点のうち、5点をヘディングで決めている。

 ・興梠慎三はリーグ戦であと1得点決めると、J1でのシーズン自己最多得点数を更新する。しかし、興梠は浦和に移籍後、J1での柏戦通算7試合の出場で、PKによる1得点しか決めていない。

 ・興梠は今季J1で15得点を決めている。浦和の選手として、J1で15得点以上決めたのは2010年のエジミウソン以来のこと。

 ・クリスティアーノは今節得点を決めると、2シーズン連続11得点以上を記録する。柏の選手としては、1996~97年シーズンのエジウソン以来のこととなる。

 ・クリスティアーノは、J1で異なる21クラブ相手に得点を決めているが、浦和戦で得点を決めたことはない。同選手がJ1で唯一得点を決めていない相手クラブである。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【J試合情報】浦和レッズvs柏レイソル 9月9日