2017.8.31 12:12

【サッカーコラム】ハリルJ、豪州戦は柴崎ら若手に賭ける 過去の実績にとらわれない起用は吉とでるか

【サッカーコラム】

ハリルJ、豪州戦は柴崎ら若手に賭ける 過去の実績にとらわれない起用は吉とでるか

特集:
No Ball, No Life
ハリルホジッチ監督(左)は2日間の非公開練習で、故障明けで実戦不足だった本田圭佑(右)を主力組で試さなかった

ハリルホジッチ監督(左)は2日間の非公開練習で、故障明けで実戦不足だった本田圭佑(右)を主力組で試さなかった【拡大】

 【No Ball,No Life】W杯ロシア大会アジア最終予選の豪州戦がきょう31日、行われる。勝てば日本の6大会連続のW杯出場が決まる。関係者によると、ハリルホジッチ監督はこれまで2日間の非公開練習で、故障明けで実戦不足だったFW本田圭佑(パチューカ)とMF香川真司(ドルトムント)を主力組で試さなかったという。

 代わりにMF柴崎岳(ヘタフェ)やMF井手口陽介(G大阪)ら複数の若手をテスト。大胆な布陣で大一番に臨む可能性が出てきた。これまでも同監督は、過去の実績にとらわれない起用をしている。それが吉と出るときもあれば、凶と出ることもあった。

 昨年9月、最終予選第1節のアラブ首長国連邦戦(UAE、●1-2)では、MF大島僚太(川崎)をスタメンに抜てき。しかし、国際Aマッチ初出場だった大島はPKを与えるファウルをおかすなど、本来の力を発揮できなかった。

 成功例は、今年3月のアウェーのUAE戦(○2-0)だろう。34歳のMF今野泰幸(G大阪)を先発で起用すると、2年ぶりの代表復帰となったベテランは得点を挙げる活躍をした。ただ、続くタイ戦(○4-0)では、本職がサイドバックのDF酒井高徳(ハンブルガーSV)をボランチで使って失敗。所属クラブで中盤で試されることはあったものの、タイ戦では明らかに精彩を欠いていた。この起用には日本協会の技術委員会でも疑問の声が挙がった。

 それでも、手を替え品を替えスタメンをやりくりするハリル采配は、日本の現状を考えると理にかなっている。いまの日本には「エース」「司令塔」「王様」という絶対的な存在がいない。本田は31歳という年齢を考えても、すべてを負わせることは難しくなった。その下の世代から「オレが引っ張る」という強い個性が現れてほしいが見当たらない。ブラジルW杯で敗れたとき、MF清武弘嗣(C大阪)が次期主将に意欲を見せたが、けがなどもあり存在感を発揮できていない。

 日本は世代交代にさしかかっている。最終予選という結果だけが求められる戦いの中、若手の成長を促しながら、どうにかB組首位でここまできた。ラスト2試合。せっかく育ててきた若い芽を潰さないためにも、ロシアへの切符をつかんでほしい。(浅井武)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【サッカーコラム】ハリルJ、豪州戦は柴崎ら若手に賭ける 過去の実績にとらわれない起用は吉とでるか