2017.8.24 11:12

長谷部、新加入ボアテングとの過去の“衝突”を回顧

長谷部、新加入ボアテングとの過去の“衝突”を回顧

特集:
長谷部誠
フランクフルト長谷部誠、新加入ボアテングとの過去の“衝突”を回顧

フランクフルト長谷部誠、新加入ボアテングとの過去の“衝突”を回顧【拡大】

 フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠は、過去の“衝突”にもかかわらず新加入のケビン・プリンス=ボアテングとの間に問題はないとしている。

 ボアテングは今月、ラス・パルマスとの契約を解除し、フランクフルト入団を決めた。同僚となった長谷部だが、ドイツ紙『ビルト』は2009年に起きた両者の“衝突”を取り上げている。

 当時ウォルフスブルクに所属して長谷部はドルトムント時代のボアテングとマッチアップ。65分から出場したボアテングは足を長谷部に振り上げ、負傷退場に追い込んだ。ボアテング自身も4試合の出場停止となったが、長谷部はその時のことはまったく気にしていないという。

 「次の試合には普通に出られましたからね。彼はナイスガイで、謝ってもくれました。(フランクフルトに来てから)もちろん互いに話はしたけど、それ以上のアクションはないですね。彼がトットナムに行って、それからACミランに行ったのも知っています。素晴らしい選手ですね。僕らにとってリーダーのような選手になってくれると思います」

 また、2014年からフランクフルトでプレーし、先日には契約延長の可能性も取り上げられた長谷部。9月には妻の佐藤ありささんと娘もフランクフルトにやってくるということで、よりいっそう活躍に期待したいところだ。(Goal.com)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 長谷部、新加入ボアテングとの過去の“衝突”を回顧