2017.8.23 18:42(1/2ページ)

なぜ鎌田はブンデスデビュー戦でFW起用されたのか フランクフルト指揮官が理由を説明

なぜ鎌田はブンデスデビュー戦でFW起用されたのか フランクフルト指揮官が理由を説明

特集:
鎌田大地
なぜ鎌田はブンデスデビュー戦でFW起用されたのか フランクフルト指揮官が理由を説明

なぜ鎌田はブンデスデビュー戦でFW起用されたのか フランクフルト指揮官が理由を説明【拡大】

 フランクフルトのMF鎌田大地は何故開幕節で最前線に置かれたのだろうか。ニコ・コバチ監督はその理由を明かした。ドイツ誌『キッカー』がコメントを伝えている。

 フランクフルトは20日に行われた開幕節でフライブルクと0-0で引き分けた。この試合では、コバチ監督は3-5-2システムを採用し、日本代表MF長谷部誠と今夏に獲得した鎌田を先発出場させている。後者のスタメン入り、しかも本職とは異なるFWでの配置に驚かされたファンやメディアは少なくないようだ。

 コバチ監督は22日に取材陣に対し、鎌田のFW起用について語った。「ダイチを使うことにより、我々はよりスムーズに別のシステムに切り替える可能性を得ている。5-4-1やマコト・ハセベを(リベロの位置から)前方に動かすことにより4-2-3-1とかににね」と鎌田をMFに下げることでフォーメーション変更の選択肢が増えたと話している。

 続いて「それの方が、ブラネ(・フルゴタ)をセカンドストライカーに使うより簡易だと考えた。彼はアウトサイドの選手ではないし、セバスティアン(・ハレル)も違う。常にプランBやCに切り替えることを可能としなければいけないからね」と試合中にゲームプランを変える可能性に言及した。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. なぜ鎌田はブンデスデビュー戦でFW起用されたのか フランクフルト指揮官が理由を説明