2017.8.21 12:36

無得点の武藤に地元メディアが辛口評価「3度決定的なチャンスがあった」

無得点の武藤に地元メディアが辛口評価「3度決定的なチャンスがあった」

特集:
武藤嘉紀
無得点の武藤に地元メディアが辛口評価「3度決定的なチャンスがあった」

無得点の武藤に地元メディアが辛口評価「3度決定的なチャンスがあった」【拡大】

 現地時間19日に行われたブンデスリーガ第1節、マインツvsハノーバーは、2部から昇格を果たしたハノーバーが、敵地でマインツに1-0と勝利を収めている。

 この試合でマインツのFW武藤嘉紀は先発出場。フル出場を果たしたものの、ゴールを決めることができなかった。地元紙『ビルト』は決定機を活かすことができなかった武藤に対して、辛口評価で報じている。

 記事では「武藤は5度シュートを放ち、そのうち3回は決定的なチャンスがあった。マインツのストライカーは勝利を決定付けるチャンスがあったはずだ」と伝え、武藤がネットを揺らすことができなかったと強調している。

 この試合ではシュート本数が12-6、ボールポゼッションは58-42%とマインツの決定機が多く、主導権を握る時間も長かった。だが、73分にハノーバーFWマルティン・ハルニクのゴールにより、ハノーバーが勝ち点3を獲得している。

 マインツは次節、26日にシュツットガルトとのアウェー戦に挑む。2部からの昇格を果たしたチームに連敗を喫するとなると、マインツにとっては大打撃となる。果たして武藤は第2節から巻き返すことができるのか、真価が問われる一戦となりそうだ。(Goal.com)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 無得点の武藤に地元メディアが辛口評価「3度決定的なチャンスがあった」