2017.8.15 11:58(1/3ページ)

【サッカーコラム】パチューカ・本田、金銭目的の犯罪に注意を マフィアと隣り合わせのメキシコ

【サッカーコラム】

パチューカ・本田、金銭目的の犯罪に注意を マフィアと隣り合わせのメキシコ

特集:
No Ball, No Life
パチューカの本拠地、イダルゴからも一望できるパルミタス地区の家々

パチューカの本拠地、イダルゴからも一望できるパルミタス地区の家々【拡大】

 【No Ball,No Life】日本代表FW本田圭佑(31)がメキシコ1部のパチューカへ移籍してから1カ月が過ぎた。右ふくらはぎ肉離れの影響で出遅れ、リーグ戦はいまだ出場はないが、ここにきてようやくデビューのめどが立ってきた。

 開幕前に鳴り物入りで加入した当初は、地元メディアも注目していたが、いまでは本田の名前が登場する機会は減り、注目度が下がっている。最近の報道ではスペイン紙『アス』(電子版)が9日、「ホンダは特別扱いを受け、仲間の怒りを買い、ロッカールームで異変が起きている」と本田を3連敗の戦犯として伝えたくらいとなっている。 

 一部の日本メディアも報じたものだが、これはアスのマノーロ記者が、そのときどきの話題を自身の主観でときに大げさに面白おかしく、厳しく切る名物コラム『ドン・マノロ』で紹介したもので、その多くが関係者などへの取材に基づいたものではないのが特徴。実際にパチューカ内での本田の評価は変わらず。リハビリに取り組む姿勢など監督、選手、チーム医師などが高く評価しており、ヘスス・マルティネス会長(60)も「チームに刺激を与えている」と話す。

 一方、現地でいま話題となっているのが、バルセロナ(スペイン)などでも活躍したメキシコ代表DFラファエル・マルケス(38)。この大ベテランが麻薬取引に関与している疑いが持たれており、そのニュースに関心が高まっている。

 マルケスはラウル・フロレス・エルナンデス被告がまとめる麻薬密売組織と長期的な関係を持ち、組織に代わって資産を保有していた疑いで、米財務省から制裁を科された。地元記者に聞いたところ、メキシコではマフィアと一般市民は隣り合わせの生活をしており、犯罪も身近にあるという。実際に記者が滞在したホテルでも、夜になると周辺ではパトカーのサイレンがひっきりなしに鳴り続き、窓を開けると遠くで銃声らしき音が聞こえたほど。マフィアがサッカー選手に接する機会も多く、事件に発展する場合もあるという。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【サッカーコラム】パチューカ・本田、金銭目的の犯罪に注意を マフィアと隣り合わせのメキシコ