2017.8.13 22:27

仙台・渡辺監督、8戦ぶり白星に意気盛ん「嫌な空気を勝つことで払拭したかった」

仙台・渡辺監督、8戦ぶり白星に意気盛ん「嫌な空気を勝つことで払拭したかった」

後半、先制ゴールを決めた奧埜(左)を笑顔で抱きかかえる仙台・西村(左から2人目)=ユアテックスタジアム仙台(撮影・土谷創造)

後半、先制ゴールを決めた奧埜(左)を笑顔で抱きかかえる仙台・西村(左から2人目)=ユアテックスタジアム仙台(撮影・土谷創造)【拡大】

 明治安田J1第22節最終日(13日、仙台1-0広島、ユアス)仙台は前半途中から攻勢を強めた。積極性が実を結んだのは後半6分。20歳のFW西村の強烈なミドルシュートがこぼれたところを奥埜が押し込んだ。8試合ぶりの白星に、奥埜は「勝てていない中で、まずは失点しないことを意識しすぎていた。きっかけにできれば」と喜んだ。

 2試合連続の無失点と守備も安定し、12位に浮上。渡辺監督は「チームに流れていた嫌な空気を、勝つことで払拭したかった。もっと上を向いていきたい」と意気盛んだった。

試合結果へ

  • 試合終了後、喜ぶ仙台イレブンと肩を落とす広島イレブン。左は広島・パトリック=ユアテックスタジアム仙台(撮影・土谷創造)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 仙台・渡辺監督、8戦ぶり白星に意気盛ん「嫌な空気を勝つことで払拭したかった」