2017.8.13 22:27

大宮、江坂の1点死守し6戦ぶり白星 残留争いで大きな1勝

大宮、江坂の1点死守し6戦ぶり白星 残留争いで大きな1勝

 明治安田J1第22節最終日(13日、大宮1-0新潟、NAC)大宮は江坂が挙げた1点を死守し、6試合ぶりの白星。最下位の新潟からJ1残留争いを左右しそうな大きな勝ち点3を獲得し、江坂は「下のチームとの大事な試合で、勝ちにつながるゴールを決められてよかった」と相好を崩した。

 0-0で折り返した後半、切り札の大前を投入するなど攻勢に転じた。28分、ゴール前で河本が頭で落としたボールを江坂が左足で決め、均衡を破った。以降は、ほぼ全員が帰陣して新潟の猛攻を防ぎ、伊藤監督は「苦しい中、ゼロで抑えたのは次への自信になる」と奮闘をたたえた。

大宮・大前(後半途中から出場)「負けられない試合が続く中、一番負けてはいけない相手に勝てたのはよかった」

大宮・和田「勝ったことはもちろんだが、守備陣として、失点をゼロに抑えられてよかった」

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 大宮、江坂の1点死守し6戦ぶり白星 残留争いで大きな1勝