2017.8.12 20:29(1/2ページ)

ユーヴェ指揮官が残留の理由明かす CL決勝後には辞任検討も「原点について考えた」

ユーヴェ指揮官が残留の理由明かす CL決勝後には辞任検討も「原点について考えた」

ユーヴェ指揮官が残留の理由明かす CL決勝後には辞任検討も「原点について考えた」

ユーヴェ指揮官が残留の理由明かす CL決勝後には辞任検討も「原点について考えた」【拡大】

 ユベントスの指揮官マッシミリアーノ・アッレグリが『The Players’ Tribune』のインタビュー内で、チャンピオンズリーグ(CL)決勝戦終了後に辞任を検討していたことを明かした。

 ユベントスは昨シーズン、6年連続でスクデットを獲得し、アッレグリ自身も2014年の就任以来、3年連続となるリーグ優勝を成し遂げた。国内のカップ戦コッパ・イタリアも制し、CLでも準々決勝でバルセロナを下し、準決勝ではモナコを退け決勝の舞台へとたどり着き、トリプレーテ(3冠)達成まであと一歩まで迫った。

 カーディフで行われたRマドリードとの決勝戦では20分、FWクリスティアーノ・ロナウドの得点で先制されたものの、27分にFWマリオ・マンジュキッチの「再現不可能な」スーパーゴールで同点に追いついた。アッレグリ自身も「大丈夫だ。おそらくチャンスはある」と勝機を見出したものの、後半は力及ばず1-4と大敗を喫した。イタリアへ帰国後は、自身の進退について検討したという。

 「チームとともにカーディフからイタリアへ戻り、翌晩、自分自身に難しい疑問を問いかけた。終点にたどりついたのだろうか? これがこのチームでできるすべてなのか。ユベントスにおける自分のキャリアは最終章を迎えたのかと考えた。月曜日に仕事場へ戻り辞任届を提出しようという気持ちも心の片隅にあった。それからなぜ自分が監督になろうと思ったのか原点について考えた」

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. ユーヴェ指揮官が残留の理由明かす CL決勝後には辞任検討も「原点について考えた」