2017.8.11 19:53(1/3ページ)

ライバル到来も「光あり」…レスター岡崎が飛躍のために必要なものとは?

ライバル到来も「光あり」…レスター岡崎が飛躍のために必要なものとは?

特集:
岡崎慎司
ライバル到来も「光あり」…レスター岡崎が飛躍のために必要なものとは?

ライバル到来も「光あり」…レスター岡崎が飛躍のために必要なものとは?【拡大】

 チーム内序列:レギュラー候補
 ノルマ:イヘアナチョとスリマニとのレギュラー争いに勝ち、定位置を確保
 目標:昨季は3得点に終わったリーグ戦での二桁得点
 文=田嶋コウスケ

 ■ライバルのポテンシャルは折り紙付き

 「レスターにとって良い補強になったし、ケレチ・イヘアナチョにとっても素晴らしい移籍だ。前所属先のマンチェスターCで、彼は起爆剤だった。あらゆる所で戦いを仕掛け、ベストを尽くしてゴールを決める。今後、彼がジェイミー・バーディーとどのように相互作用していくかも興味深い。岡崎慎司と同じ役割をこなすのか? 岡崎がレギュラーポジションをキープするのか? あるいは、チームがさらに冒険的な布陣を採用するのか? クレイグ・シェイクスピア監督が従来の4-4-2や4-4-1-1を用いるかどうかは分からないが、イヘアナチョは良い補強になったのは間違いない」

 こう指摘するのは、元フランス代表FWで現在は英テレビ局『スカイスポーツ』で解説を務めるティエリ・アンリである。

 アンリの言葉通り、マンチェスター・Cから獲得したイヘアナチョはレスターの力になるだろう。20歳のナイジェリア代表FWに支払った移籍金は2500万ポンド(約36億円)。金額の大きさもさることながら、特筆すべきはそのポテンシャルの大きさだ。

 2014年にマンチェスター・Cに入団すると、当時18歳の2015-16シーズンにトップチームデビュー。マヌエル・ペジェグリーニ前監督の信頼も厚く、公式戦35試合に出場、14ゴール・7アシストを記録した。鋭いゴール嗅覚を活かした決定力の高さが一番の持ち味で、シュート精度も高い。20歳とまだ若く、成長の大きな伸びしろも秘めているのポイントだ。プレミア挑戦3季目を迎える岡崎にとって、このイヘアナチョがポジションを争う最大のライバルになりそうだ。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. ライバル到来も「光あり」…レスター岡崎が飛躍のために必要なものとは?