2017.7.17 21:43

パスワーク光ったセビリア 3倍以上のシュート放ちC大坂を圧倒

パスワーク光ったセビリア 3倍以上のシュート放ちC大坂を圧倒

前半、先制ゴールを決め、喜ぶセビリアのベンエデル(中央)=ヤンマー

前半、先制ゴールを決め、喜ぶセビリアのベンエデル(中央)=ヤンマー【拡大】

 国際親善試合(17日、C大阪1-3セビリア、ヤンマースタジアム長居)まだシーズン前にもかかわらず、セビリアが力を見せつけた。小気味よいパス回しでボールを支配し、C大阪の3倍以上となる21本のシュートを放って3得点。ベリッソ監督は「攻撃のチャンスが何回もあった。シーズンのための良い準備ができた」と強調した。

 先制点を奪ったのは2016~17年シーズンにリーグ戦11得点のベンエデル。前半42分にモントーヤのミドルシュートをGKがはじいたところを詰めて先制すると、後半はPKを難なく決め「1試合目にしてはとても満足している」と笑みを浮かべた。

セビリア・ムリエル(新加入で3点目を決め)「セビリアで最初の試合でゴールが取れ、いい感じでスタートできた」

  • 後半、PKを決めるセビリアのベンエデル=ヤンマー
  • 後半、セビリア選手(右)を倒し、PK与えるC大阪・GK金鎮鉉=ヤンマー
  • 後半、セビリア選手のシュートを阻むC大阪・松田(右)=ヤンマー
  • 後半、ゴールを決め、喜ぶC大阪・福満(右)=ヤンマー
  • 後半、チーム3点目のゴールを決めるセビリアのムリエル(中央)。左はC大阪・山下、GK金鎮鉉=ヤンマー
  • セビリアに敗れ、引き揚げる柿谷(手前右)らC大阪イレブン=ヤンマー
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. パスワーク光ったセビリア 3倍以上のシュート放ちC大坂を圧倒